人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おたる北運河かもめやの女将

f0203324_11545198.jpg

小樽の北運河の近く、色内3丁目に「かもめや」という、部屋数がたった4部屋の小さい宿屋がある。そう、去年の12月13日「人生の楽園」で放映されたあの「かもめや」だ。
詳しいことはホームページ「おたる北運河かもめや」、そのブログの「かもめや日記」をご覧になってください。

その「かもめや」の女将、M子さんの話だ。時は43年遡って、昭和41年秋のことだ。私は生まれて初めて女子大の大学祭に行った。大学の名前は藤女子大。北海道の女子大の名門だ。埼玉の田舎の男子校出身で、恵迪寮暮らしをしていた私には女子大なんて場違いな所なのだが、どんな動機で行ったか今は思い出せないが、とにかく行ったのだ。

いろいろな展示を見て回るうちに、毛色の変わった面白い展示物があった。場所は国文科。展示の内容は、例えば、石川啄木の短歌が展示してあって、その下に蟹の缶詰が置いてあって、その説明に「啄木と戯れた蟹の成れの果て」とあった。また、夏目漱石の小説の一節、爪の垢でも煎じて飲んでおけというような文章があり、その下にお皿の上に切った爪が置いてあり、説明は「漱石の爪の垢」とあった。男子校出身で同年輩の女性と話をする機会などほとんど無かった私は、女性に対して偏見を持っていたのかもしれないが、兎に角、女性でこんなユーモアというかウィットに富んだ企画を考える人がいるのかと、びっくりしてしまったのだ。当時、出来たばかりの落研の会長をしていた私は、このような人に落研に入ってもらえたらまた一味違った落研になるのではないかと思い、「これを書いた人、是非北大の落研に入ってください」というメモを残して帰ってきたのだ。そして友達数人を引き連れてやってきたのが、M子さんだったのだ。

ということでM子さんは、北大落研女子部員第一号、そして北大以外の大学からの会員第1号でもあるわけだ。そして私が昭和44年3月に北大を卒業するまで先輩後輩の関係でいて、卒業してからつい最近まで手紙をやり取りすることも無かった。20数年前に一度落研のOB会で会ったきりであった。

2006年に北海道に行った時は、これから小さな宿屋を開く準備をしなければならないという時だった。そして去年の夏に妻と姪と3人で北海道へ行った時は、かもめやで一泊した。M子さんは昔と変わらず笑いのオーラを放射しており、かもめやは宿屋というより、親戚の家という感じだった。

つい最近、「かもめや応援団東海支部」を立ち上げた。メンバーは東海地区に住むかもめやファンの集まりだ。この話はまた、別の機会に。
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2009-07-31 15:39 | 北大 | Comments(0)