人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2016札幌

f0203324_16304212.jpg


8月5日から9日まで4泊5日で札幌へ行ってきた。旅の目的は2つあり、先ずは北大落研創立50周年記念落語口演会と祝賀会に参加すること。もう一つはG姪3号を北大のオープンキャンパスに参加させること。

先ず、5日の夕方はプレ落研当時の旧友T氏とジンギスカンを食べ、ビールを飲みながら旧交を温め、6日は落語口演会とそれに続く祝賀会。7日は旧道庁、北大植物園、北大総合博物館など北大構内遊覧、夕方はT名誉教授と食事をとりながら、大学での勉強などについてアドヴァイスを受ける。8日の日は、G姪3号は高校生限定のオープンキャンパスに参加し、女房と私はテレビ塔に上るなどの観光。

今の北大構内は、私が学生だった頃より木々が大きくなり、各学部の建物が木々に隠れて、中央道路からほとんど見えなくなってしまっていた。大学の構内と言うより、どこかのリゾート地のようだった。

また、T名誉教授の話では、先生たちも授業の内容など厳しくチックされ、私の学生時代より授業内容なども遥かに充実しているらしい。話を聞いていて今の学生がうらやましく思えた。出来たらもう一度学生生活をやり直してみたくなった。

今回の札幌旅行は質の高い、中身の濃い旅だった。

写真は中央ローンの風景です。相変わらず学生と市民の憩いの場です。




                   ―了―
[PR]
Commented by go-to-kyo at 2016-08-12 20:08 x
旧友T氏とT名誉教授は同一人物ですよね。
あの頃に戻れるなら、学生生活をやり直してみたいと思うのは誰しも思うことでしょう。
しかし、授業内容が遥かに改善されたから学生生活をやり直してみたいと思っても、誰もご隠居が勉学に勤しむとは思わないのではないでしょうか。
あの頃授業料は月1000円。今の学生は大変ですよ。
Commented by Go-in-Kyo-san at 2016-08-13 11:50
T氏はプレ落研時代の友人です。T名誉教授ではありません。

誰もがそうは思わないでしょうが、今の私は学生時代より遥かにまじめです。まるで別人のようです。必ずや勉学に勤しむことでしょう。

恵迪寮の一日の食費は入寮当時90円でした。何を食べていたのでしょう?
Commented by go-to-kyo at 2016-08-13 18:39 x
「プレ落研当時の友人」はT名誉教授ではないと判りきっているはずでした。T氏の名前は以前聞いたことがあるはずなのに苗字が思い浮かんできませんでした。T名誉教授といまさらジンギスカン鍋はないですよね。
勉学に勤しむ云々については反論があると予想していました。名誉教授になっていたかも。そして落研はできていなかった。

Commented by Go-in-Kyo-san at 2016-08-14 13:43
津田さんです。
Commented by 甥一号 at 2016-09-03 12:00 x
旧道庁を背にして、赤レンガテラスの銀杏並木の左側のビルの19階で仕事してました。
道庁の左側の池がモネの池に見えるのですが、そんな意見は他にないですかね。
Commented by 甥一号 at 2016-09-03 12:00 x
旧道庁を背にして、赤レンガテラスの銀杏並木の左側のビルの19階で仕事してました。
道庁の左側の池がモネの池に見えるのですが、そんな意見は他にないですかね。
by Go-in-Kyo-san | 2016-08-12 16:31 | 北大 | Comments(6)