人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:山の家( 47 )

さつきの剪定

f0203324_09404784.jpg
先日G甥2号に電気トリマーでさつきを大胆に剪定してもらった。お陰様で実に数十年ぶりに岩が全部見えるようになった。岩から岩へ伝って歩けるようになり、株の中の草むしりも楽になるだろう。G甥2号に感謝、感謝!



                             ―了―

[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2017-08-06 09:47 | 山の家 | Comments(0)

さつき満開

f0203324_14163236.jpg
先週女房と一緒に山の家に行き、草むしりなどしてきた。女房はこんなに満開のさつきを見るのは初めてだとのこと。アマゴ釣りをしていたころは、山の家には私一人で来ていたから、女房は見る機会がなかったのだ。さつきの花の時期が終わったら、剪定をきちんとしようと女房は張り切っている。

f0203324_14182318.jpg
長良川鉄道で評判の観光列車のながらを終着の北濃駅に見に行った。これは美濃太田駅から北濃駅までくる森号だ。お料理列車の鮎号は郡上八幡までしか来ない。一度このながら森号に乗って美濃太田と北濃を往復してみたいものだ。



                             ―了―


[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2017-06-26 14:31 | 山の家 | Comments(0)

ジャガイモ畑

f0203324_14300273.jpg
山の家の2階から見た前の畑。中央に植わっているのは4月12日に種芋を植えたジャガイモ。一ヶ月経つとこうなる。ジャガイモの南は刈り取った草のぼっち。その向こうはイタドリと独活。もうかなり大きくなっている。今年も、芽を出したばかりの独活は食べ損ねた。独活やイタドリは大きく育つと刈り取るのも大変だ。ましてや、秋になって枯れてから刈り取るのは大変な作業だ。若い柔らかいうちに刈り取るのは楽だ。独活を刈り取って新芽や柔らかい葉を摘み取って、家に持ち帰りてんぷらにしてもらった。

山の家に来て、草を刈ったり畑を耕したり一日中体を動かしたあとひと風呂浴びて、自生している蕗やクレソンなどをつまみにビールを飲みながら夕飯の支度をし、友人からいただいどぶろくで晩酌をする。はぁー、生き返る!


                           ―了―

[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2017-05-20 14:53 | 山の家 | Comments(0)

2016年晩秋 草刈

10月29日(土)から11月1日まで、女房と二人、3泊4日で山の家に行き草刈りをしてきた。

仕事の結果は以下の通り。

前の畑 草刈前
f0203324_104126.jpg


前の畑 草刈後
f0203324_1045942.jpg


石垣 草刈前
f0203324_1053381.jpg


石垣 草刈後
f0203324_1064949.jpg


枯草焼却中
f0203324_1071548.jpg


枯草焼却後
f0203324_1075056.jpg


70歳前後の二人にとっては、かなりきつい仕事だったが、何とか踏ん張ってやってきた。こんなこと、あと何年出来るだろう?





                —――――― 了 —――――
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2016-11-06 10:11 | 山の家 | Comments(0)

ジャガイモの収穫

f0203324_10283156.jpg

月曜日から水曜日にかけて山の家に行ってきた。今回は久しぶりに女房殿も一緒。但し、女房は一泊だけ。

初日の午後はジャガイモの収穫。収量は30kgのコメ袋に8分目ほど。素人が作ったにしては上出来。

二日目は池の周りや石垣の草むしり。女房は午後、長良川鉄道と高山線を乗り継いで岐阜に帰った。楽しい鉄旅だったらしい。

三日目は一人で後片付けをして、米を引き取ったり、麹を買ったりしながら、岐阜に帰還。

池の周りの草むしりは足場の悪いところでの作業だったので、腰への負担が大きく筋肉痛がひどい。

写真は長良川鉄道の列車



                 ―了―
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2016-07-16 17:24 | 山の家 | Comments(0)

頼りになる助っ人

姪の息子夫妻が山の家に泊まりに来た。今回の目的はキーウィ棚の残骸の解体と池周りの除草。結果はご覧の通り。二人とも草取りや農作業が好きだと言う。頼もしい助っ人が現れた。これからが楽しみだ。
f0203324_1416035.jpg

f0203324_14163712.jpg

f0203324_1417741.jpg


夜は囲炉裏で、中に刻みねぎを詰めた油揚げ、ウィンナソーセージ、真鱈ときのこの包焼き、豚ロース塩麹漬けの炭火焼き、それとレタス、トマト、きゅうり、ミックスビーンズ、さんまのトマト煮のサラダ。飲み物はビール、日本酒、焼酎、もらい物のどぶろく。

労働の後、囲炉裏での山賊の宴会は美味かったし、楽しかった。
f0203324_14174733.jpg


また、頼むね!



                  ―了―
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2016-05-28 14:18 | 山の家 | Comments(0)

2016山の家の遅い春

f0203324_8532652.jpg

11日月曜日から昨日まで、2泊3日で山の家に行ってきた。今シーズン初めての宿泊。先ず11日は10時ちょっと過ぎに家を出て途中郡上市大和の道の駅で昼食(かきあげうどん)をとり、午後1時に山の家に到着。荷物を下ろし早速大掃除。掃除機をかけて、フローリングはモップ掛けし、階段、棚などは雑巾で拭いて、ひと冬の汚れをきれいに拭った。ひと風呂浴びて汚れを落とし、まずはブラックニッカのソーダ割りでのどを潤し、夕食は持参したご飯、ビーフカレーを電子レンジで温め、ドライパックの牛蒡サラダに茹でブロッコリを混ぜたサラダ。今回は山の家でなるべく料理をしなくて済むように女房殿は茹で野菜などを用意してくれた。
ウィスキーのソーダ割りの後は米焼酎を飲みながらビーフカレーで腹を満たし、これはかなりの量だったが、自家製のルーで作ったカレーは消化が良い。何しろカレー粉は漢方薬と成分は同じようなものなので、消化によいのだ。

食後は久しぶりにハーモニカを吹いて時間をつぶした。

2日目の朝、インスタントみそ汁、納豆と卵を混ぜたものを電子レンジで40秒。ご飯も電子レンジでチン。お手軽朝食。後片付けをして、前の畑のキーウィ棚の残骸の解体。これが大変な作業で、なにしろ丸太や板類に五寸釘が打ち込んであり、おまけにL字鋼が太い針金で縛りつけてあり、ちっとやそっとでは手が付けられないという代物。根気よく一カ所ずつ針金を切り、釘を抜き数本の柱を抜くことが出来た。体力の限界を感じ、今回はこれまで。昼食にはまたカレーを食べ、一休みの後は、雪の重みで傾いたこの手柏の枝打ち、梅の木の行儀の悪い枝の枝払い、休憩の後は畑の草取り。イネ科の草の塊りがあり、備前鍬とスコップで掘り返さないと抜けない厄介な草が何株もあり、これらを抜くだけで結構な作業になった。段々くたびれてきたので、あとは庭に生えているアカザなどを大きくならないうちに抜いておいて、今回の作業はおしまい。夕食は持って行った材料で豚キムチ鍋。ビールと米焼酎でいただき、夕食後はポータブルDVDプレーヤーで古今亭志ん朝の刀屋、付き馬、抜け雀を鑑賞。志ん朝はいいなあ。姿が端正で、歯切れがよくて、声が良くて、しぐさが柔らかで品があって、ああ、言うことなし。

3日目。夜半過ぎからの雨。のんびりと後片付けをして、11時出発。長滝の道の駅で、行者ニンニク、こごみなどを買い、林さんの家により、米を引き取り、いずやで麹を買い、大和の道の駅で、定番の郡上味噌豆乳うどんを食べ、ことといヨーグルトを食べ、美味しかったのでお土産に3個買って、満足、満足で雨の中を帰宅しました。

心と体の洗濯をしてきました。





                           ー了ー
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2016-04-14 11:44 | 山の家 | Comments(2)

今年初の草むしり

先週3泊4日で山の家に行ってきた。今年初めての宿泊。目的は前の畑の草むしり。去年の秋にニンニクの球根を植えて、今年の春芽が出ているのを確認したが、その後、草むしりに行くことはなかった。6月11日に日帰りで山の家に行ったが、そのときすでに、畑は「ヒメジオン」で覆い尽くされていた。これではいくらなんでも、ニンニクは育たないだろうという事で、草むしりに行ったのだ。

f0203324_16343693.jpg

ありがたいことに、今年は頼りになる助っ人が現れた。姪の長男夫婦。二人とも埼玉出身だが、今は岐阜で暮らしている。畑仕事に興味ありという事で、1泊2日で草むしりに来てくれた。結果はご覧の通り。
f0203324_1635717.jpg

そして夜は囲炉裏でBBQ.肉をたらふく食べて、ビールを飲んで、さらに焼酎も飲んで、達成感に浸りながら、楽しい時を過ごしました。


                  ―了―
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2015-06-30 16:35 | 山の家 | Comments(0)
f0203324_157898.jpg


先日日帰りで山の家に行ってきた。連休が近づいてきたので、泊まる人のためにちょっと掃除をしました。

雪が解けた後に畑では去年の秋に植えた大蒜が順調に育っていました。そのほか行者ニンニク、アサツキ、蕗の薹、土筆が出ており、沢ではワサビの花茎が伸びていました。

上の写真の真ん中は土筆、左から時計回りに行者ニンニク、ワサビの花、一寸伸びてしまった蕗の薹、取り残しの葱です。行者ニンニクは葉の幅の広いニラと言ったところ。味も匂いもほとんどニラと同じです。ワサビの花茎は鼻はじきにしました。蕗の薹は道の駅な売店で買ったまともな蕗の薹と一緒にして、蕗味噌を作りました。土筆は袴を取って油いためにして溶き卵を絡めた卵とじ。

ささやかな春の野の恵みをいただきました。

f0203324_16454152.jpg

釣りをやめたのに、魚のほうから来てくれました。友人が庄川の支流一色川で釣ったヤマメ、イワナを持ってきてくれました。早速塩焼きでいただきました。ご馳走様でした。





                 ―了―
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2015-04-29 15:07 | 山の家 | Comments(0)

山の家冬仕舞

f0203324_16164581.jpg


先日女房と二人で山の家に行き、冬仕舞をしてきた。冬仕舞と言うのは水道管の水抜きをして、さらに蛇口を取り外すこと。もう一つ大事なことは水洗トイレの便器の水をポンプですいだして空にすること。ここまでやらないと、来春、安心して止水栓を開けることができないのだ。

郡上市長滝。気象情報の積雪情報でたびたび出てくる地名だ。長滝の気象観測施設は長良川に近い所にある。山の家はそこから標高50メートル位高い所にある。当然積雪量も多く、白鳥の町中に住んでいる友人にびっくりされたこともある。

これで山の家とは来春の雪解けまで、しばしのお別れ。


                 ―了―
[PR]
by go-in-kyo-san | 2014-12-13 16:17 | 山の家 | Comments(0)