人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あまご釣り―その2

f0203324_9394288.jpg

またあまご釣りに行ってきた。19日は一日雨降り。20日、本流は増水白濁りで釣りにならないと判断し、支流の鷲見川へ行ってきた。いつも釣り人の車が駐車してある場所が空いていたのでその場所に車を止め、そこから上流を釣り歩いた。渓相は良い。最初のポイントの第1投目であまごが釣れた。今日は「入れ食い」だと張り切ったがそのあとはさっぱりで結局釣れたのはあまご2匹だけ。多分釣り荒れているのだろう。昼食を取るため山の家に戻る途中本流の様子を見たら、水は相変わらず高水だったが白濁りではなかったので、本流を試すことにした。普段はちょろちょろしか流れていない流れが結構本流並みの流れになっていた。めだか釣具店の親父さんのアドバイスに従って試してみた。結果はうぐいが14匹で岩魚が2匹。今はうぐいの産卵期で食い気が強いらしい。普段はうぐいが釣れてもリリースしてしまうのだが、今回は料理の仕方次第で食べられると知人から聞いたので持ち帰ることにした。(長い間ことこと煮て醤油と砂糖で味付けをした。骨まで柔らかくなり、川魚独特の風味もあり家人の評判も良かった)
早くめだかの親父さんのアドバイスのイメージどおりにあまごを釣ってみたいものだ。
f0203324_940957.jpg

21日はピカピカの快晴。本流は暑くて釣りにならず早めに切り上げて休息した。午後多少涼しくなってきたので裏の沢に入った。結果は形の良いあまごが2匹。沢は日陰が多いし吹く風は涼しいし、暑い時は沢に入るに限る。何と言っても山の家から歩いて5分と言うのが良い。上の写真のような水の芸術を見ることが出来るし、ちょっとした沢登りの気分も味わえるし、ここは私のお気に入りの場所なのだ。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2010-05-23 09:40 | 長良川 | Comments(1)

あまご釣り

f0203324_1417384.jpg

釣り道具屋の親父の話によるとアマゴが釣れるポイントは決まっているらしい。大きな沈み石の前など餌が必ず流れてくる場所は決まっていて、餌を見つけるとアマゴは先回りしてそこで待っているらしい。難しいのはその場所の見定めと、そこへ行く流れに餌を投げ入れ,そこまで自然に流すことなのだ。それが出来ればアマゴは必ず釣れるという。アマゴを沢山釣る人はそのようなポイント(釣り道具屋の親父が言う「マイポイント」)を沢山持っている人だとのこと。
f0203324_14183996.jpg

5月13日、14日は郡上へ新規の釣り場開拓、ポイントの確認に行ってきた。来週また郡上へ行きポイントの写真を親父に見せて、餌を落とすポイントと食い波を教えてもらうつもりをしている。一からやり直しだ。

おまけ
金神社のなんじゃもんじゃ
f0203324_14202746.jpg

2割引のセールが始まったので、女房と儀妹のお供をして岐阜の高島屋へ買い物に出かけた。ジーンズのぴったりしたのが欲しくてリーバイスの胴回り78cmのレギュラーストレートを試着した。ぴったりでひざを曲げても胴回りは苦しくなく履くことが出来た。胴回り78cmと言うのは20代前半に丁度よかったサイズだ。40年ぶりにこのサイズが履けたのだ。最近こまめに腹筋運動をしている効果が出てきたのかもしれない。肝心のジーンズは機械的にウォッシュアウトしてあり、それが不自然な感じだったので買わずに帰ってきた。
高島屋契約の駐車場を出た所に金神社があり、鳥居の脇に見事ななんじゃもんじゃの木がある。今花盛りだ。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2010-05-16 14:37 | 長良川 | Comments(3)
f0203324_1624540.jpg

「小学校英語準認定指導者資格証明書」が届いた。近々特定非営利活動法人「小学校英語指導者認定協議会通称J-Shineのホームページに新しく認定された人たちのデータが掲載されることになっている。各小学校なり教育委員会がこれらのデータを検討し各自にオファーを出すと言うシステムになっているらしい。一応資格を取っては見たものの、これがどのくらいの確率で実際の仕事に結びつくのか、さっぱり見当がつかない。今の所、昨年から始めたSide-Jobが結構忙しく暇をもてあましているわけではないので、英語指導者の仕事が回ってこなくても、退屈することは無い。今年はアマゴ釣りに今までよりちょっと余計に力を入れようとも思っているし、英検1級にも合格したいし、久しぶりに落語も喋りたいし、ギターもバンジョーもハーモニカも上手になりたいし、あれもこれもやりたいことが多くてまとまりがつかず何時も混乱している。この道一筋に打ち込んでいる人を見ると本当に尊敬するし羨ましく感じる。あれもこれもやりたいという性格は生まれつきだと思うし、いまさらどうしようもないので適当に付き合っている。こうして、結局何も物にならず一生を終えるのかな?ま、それも人生、それでいいのだ、と無理やり思い込むことにしている。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2010-05-12 16:07 | 折にふれ | Comments(0)

坪庭BBQ

f0203324_13565548.jpg

5月5日は岐阜でも好天気で気温も上昇30℃弱を記録した。この狭い坪庭ではもっと気温は高かったかもしれない。おまけに炭がおこった七輪のそばである。とにかく暑かった。肉は鶏肉、砂肝、カルビ、ミノ、豚の白モツなど。鶏肉と砂肝は普段でもよく食べているが、カルビ、ミノ、白モツなどは若い人たちが一緒でないと口にはしない食べ物なので、久しぶりに食べてやはり美味しいと感じた。

白モツを初めて口にしたのは高校1年生の頃だったと思う。東京で学生生活を送った兄が我が家に持ち込んだ食文化で、白モツを炭火で焼いて、おろしニンニクを味噌に混ぜ込んだタレで食べた時の強烈さは今でも思い出す。子供の頃から肉の脂身とチーズとバナナを食べることが出来なかった私だったが、この瞬間から肉の脂身が好物になったのだ。このあとチーズもバナナも食べられるようになり、食べ物の好き嫌いはほとんどなくなったのだ。唯一今でも苦手なのはナスの入った味噌汁。ナスは大好きなのだがこれだけはどうも苦手。ただし、てんぷらにしたナスを味噌汁に入れるのは大好き。こうなると自分でも訳がわからない。

こうして食べ物の好き嫌いが無くなった高校1年生から2年生になる1年間に20cmくらい身長が伸びたのだ。また性格も顔つきも変わった。好き嫌いの多い神経質そうな顔から白モツ好きのふてぶてしいアンちゃんみたいな顔になったのだ。ちょうど子供から大人になる変わり目の時期に白モツと劇的な出会いをしたようだ。豚の白モツにはなんともいえない特別な思い入れがあるのは、このような経緯があるからだろう。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2010-05-06 13:58 | 手料理 | Comments(5)

新緑の5月

春と冬が入り混じったような4月も過ぎ、新緑の5月になった。今年の4月はぽかっと暖かくてじっとしていると眠くて身体もだるくなり、これはもうところてんを食べなければ体が持たないと思うような日(我が家で言う「ところてん日和」)は一日も無かったような気がする。寒い日が多く何がなんだか分からないうちに新緑の5月になっていたというのが実感だ。
ま、何はともあれ岐阜の初夏の花と新緑を北国の皆様にお届けしようと思う。

我が家のすぐ前にある加納城址公園のツツジの花と楓の新芽。
f0203324_14345266.jpg

楓の新緑
f0203324_14352397.jpg

照葉樹の輝くような新芽
f0203324_1437691.jpg

加納小学校の藤の花
f0203324_1437323.jpg

藤の花には沢山の熊蜂が蜜を求めて飛び交っていた。辺りには独特の強い甘い香りが漂っていた。

これから梅雨になるまでのしばらくの間は清々しい気候が続くだろう。アマゴ釣りが忙しくなる。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2010-05-01 14:45 | 折にふれ | Comments(4)