人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

雑魚の甘露煮

f0203324_14483652.jpg

我が家ではここ十数年郡上産の米を年間購入している。購入先は現在3軒目だ。先の2軒は高齢化のためお米を作るのを止めてしまったので、今が3軒目になったわけだ。先日今年の新米を引き取りに行った際、アジメドジョウ、カジカ、ヨシノボリ、モロコなどが混じった雑魚をいただいた。冷凍した状態でいただいたので、今日甘露煮にした。味を見ながら調味料を少しずつ加えていったので、しょうゆ味、甘み、魚の味がバランスのよい甘露煮に煮あげることができた。これは日ごろ野菜などをいただいている北海道の友人に送るために煮た物だ。友人に喜んでもらえればありがたい。
少し「よっこ」にして今晩の晩酌の肴にするのは言うまでも無い。友人よりも先に味見をすることになるが、それは作った者の特権で許していただこう。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2010-10-28 14:49 | 長良川 | Comments(3)

中尊寺の白山神社


f0203324_9334475.jpg

中尊寺に白山神社がある。藤原氏は白山を信仰していたらしい。長滝寺にあった梵鐘(明治時代の大火で焼失)は藤原秀衡が寄進したものだと言う。何故奥州藤原氏が遠く離れた白山を信仰していたのかと言う疑問がわいてきた。これはこれから調べなければならない。
バスを使った忙しいパック旅行だったが、たとえわずかな時間でも東北の地で白山神社をお参りできたのは、今度の旅行で最大の収穫だった。
f0203324_9351953.jpg

この白山神社の境内に能舞台が在った。舞台の前は木の杭で土留めをした低い階段状の観客席になっていた。、観客は茣蓙でも敷いてその上に座って見物したのだろうか?素朴な雰囲気が良かった。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2010-10-23 09:41 | 折にふれ | Comments(3)

ダブル・デヴュー

f0203324_20423591.jpg

デジカメを買った。今まで使っていたのは古くて重くておまけに時々動かなくなり、画素も640万しかなかった。本当はもっと早く新しいのが欲しかったのだが、7年前になくなった義父が使っていたものなので、なかなか買い換える踏ん切りがつかなかった。来週、埼玉に住んでいる姉のお供で東北旅行をするのを機会に買い換えることにしたのだ。機種はCanonのiXY200F。お手軽な機種らしい。

北海道の友人が色鮮やかなパプリカを送ってくれた。あまりなじみの無い野菜なので、女房は初挑戦でつくねのパプリカ詰めを作った。見た目きれいで、お味も上々。それを早速新しいカメラで取った。

カメラと新しいレシピのダブル・デヴュー。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2010-10-12 20:43 | 折にふれ | Comments(0)
f0203324_1016487.jpg

ノーベル化学賞を受賞した鈴木博士と根岸博士の紙上対談の中で、鈴木博士は特許を取らなかったことについて、次のように述べている。「特許を取らなかったのは、僕自身の怠慢です。あのころは大学で特許を取ることはほとんどなかったし、申請するにも権利を維持するにもお金がかかる。でも、特許を取らなかったから広く使われるようになったのはその通り。社会に貢献できたのは、たまたまなんです。」

何が鈴木博士をして特許を取ることに対して怠慢にしたか?それは、私の勝手な推測だが、鈴木博士の心のどこかに、クラーク博士の「Boys,be ambitious!」があったのだと思う。Boys,be ambitious!に続く言葉は「Be ambitious not for money or selfish aggrandizement, not for that evanescent things which man call fame.Be ambitious for knowledge, righteousness, and for the uplift of your people.Be ambitious for the attainment of all that a man ought to be.」
これを私なりに日本語に訳してみると、「青年たちよ、大志を抱け! 金銭や利己的な権力、人々が名声と呼ぶはかないもののためではなく、知識、正しいこと、人々を向上させることのために大志を持ちなさい。人間としてあるべき全てのものを身に付けるよう大志を持ちなさい」。これは昨年ブログを書き始めた頃「クラーク博士の言葉と仏教」(2009.2.14)で紹介したことがある。北大生は全てとは言わないが、多かれ少なかれこの精神の影響は受けていると思う。

鈴木博士は菩薩の四つの利他行で言う布施(他人への施し)、利行(社会を益する行為)を実践されたのだと思う。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2010-10-10 10:18 | 北大 | Comments(2)

夏の名残と秋の味覚

f0203324_10252558.jpg


先日用事があって白鳥へ行ってきた。行く前に大和の食彩館へよって野菜と夕食用のお弁当(山椒すし、茗荷すし、しいたけすし、稲荷すし)を買い、帰りに受け取るように預かってもらった。用事を済ませて受け取りによったのが2時半頃。丁度売れ残りの弁当類に「半額」のシールを貼っていた。それまでは予定していた用事が全部順調に済んで、今日は満点と喜んでいたのだが、弁当に貼られた「半額」のシールを見たときは「5点減点」という気分になってしまった。

今日の話題は減点の話ではない。野菜の話だ。大和で買ってきた茄子と胡瓜の美味しいこと!今年は岐阜市では猛暑のため茄子と胡瓜の出来が悪く、ほとんど食べていなかったので、この茄子と胡瓜の美味しさは嬉しかった。
糠漬けはきれいに漬かるし、素揚げにして煮浸しにした茄子は私の大好物。それに加え、八幡に別宅を持っている友達からいただいた栗で作った栗ご飯。昨日の食卓は郡上の食材でにぎわった。

ちなみに写真の上段左からかくやの香々、砂肝の佃煮、糠漬け、鶏肉のソテー、揚げ茄子の煮浸し、冷奴、栗ご飯、鰯のつみれ汁

そして最大のご馳走は、北大名誉教授鈴木章博士のノーベル化学賞受賞。北大万歳!Boys,be ambitious!!
[PR]
by go-in-kyo-san | 2010-10-08 10:38 | 手料理 | Comments(2)
f0203324_1443153.jpg

10月2日、3日に岐阜市の岐阜都ホテルで行われている「APEC中小企業大臣会合」に、昨日通訳ボランティアの一人として参加しました。
f0203324_1444156.jpg

大臣や事務官たちの会合が行われる会議室と同じフロアーのロビーに設けられた岐阜県PRブースが仕事の場所でした。私が配置されたのは呈茶のコーナーと岐阜県産品ドリンクバー/スイーツコーナー。仕事の内容は、昼食や3時の休憩の時に会議室から出てきた各国の事務官などの参加者を、呈茶のコーナーに誘ったり、呈茶のサーヴィスが終わった後は、ドリンク・スイーツコーナーで参加者にドリンクやスイーツを勧めたり、簡単な説明をしたりすることでした。スイーツのコーナーではやはり川上屋の「栗きんとん」が一番人気でした。美味しいので家に持って帰りたいと言う人に、栗きんとんは日持ちしないので、持って帰るならこちらの干菓子にしなさいとアドバイスしたり、栗きんとんの作り方を簡単に説明したりして、岐阜県産のお菓子のPRをしてきました。

長時間立ち続けで非常に疲れましたが、楽しい経験をしてきました。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2010-10-03 14:45 | 折にふれ | Comments(7)