人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

責任の所在

今回の原発事故や6年前の福知山線脱線事故などが起こるたびに思うのだが、原発建設を推進する際、地震あるいは津波対策などを「想定外」と決定した責任者がいたはずである。福知山線脱線事故でも安全対策を怠った責任者がいたはずである。原発事故や脱線事故の本当の責任者は事故が起きた時の責任者ではなく、その事故の原因を作った責任者であろう。第二次大戦でも無謀な作戦を立案した辻正信中佐や牟田口中将達は責任を取らされることはなく、責任を取らされたのは現場の指揮官たちであった。この点が大きな問題だと思う。

機関の意思決定には必ず個人が関与しているはずである。ところが日本では機関の意思決定における個人の責任がひどくあいまいなようだ。いつの間にか「時代の要請だ」とか「その時の空気がそうだった」とか実体の無いものに、責任がすりかえられてしまう。どうしてそうなってしまうのか、私にはよく理解できないが、責任の一端はマスコミにあると思う。マスコミは現在進行中の事象にばかり注目していないで、その原因を作った人たちを、実名を挙げて追求して欲しい。そうすれば無責任な決定は少なくなると思う。
[PR]
by Go-in-kyo-san | 2011-04-26 09:34 | 折にふれ | Comments(1)

新緑の季節

ブログをしばらく更新しないうちに、季節は桜から新緑に変わっていた。一口に新緑と言っても様々な色がある。
楠は赤茶、
f0203324_16324469.jpg

欅は薄緑、
f0203324_16335077.jpg

もみじは深紅と言った具合。
f0203324_16351214.jpg

目に映る景色は新緑の季節なのだが、今年は何時までたっても空気は冷たい冬の空気だ。ぽかっと暖かくて体がだるくなり「ところてんが食いたい」と思うような春の気候を、今年はまだ味わっていない。
[PR]
by Go-in-kyo-san | 2011-04-24 16:36 | 折にふれ | Comments(0)

桜が満開

f0203324_16324830.jpg

今日4月5日、東海地方は移動性高気圧に覆われて風も無く、絶好のお花見日和。都会の桜の名所とは違って桜見物の人は少なめで、かといって寂しいというようなこともなく、穏やかな日和に見合った賑わいだった。今年は桜祭りが中止となり、例年飾られる電気ぼんぼりが無かったので、自然のままでよい風景だった。来年からぼんぼりを飾らなくなればよいと思った。
帰り道に加納城址公園にも行ってみた。ここも桜の木の下にシートを敷いて、昼食を食べながらお花見を楽しんでいる人たちが数グループいた。平和な光景だった。平穏を楽しむことが出来る人は遠慮せず楽しもう。それが底力の一部でもあるのだ。
[PR]
by Go-in-kyo-san | 2011-04-05 16:33 | 折にふれ | Comments(3)