人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第2回法運寺極楽寄席のお知らせです。

今回は色物に津軽三味線の演奏を予定しています。

f0203324_8452928.jpg



   ―了―
[PR]
by go-in-kyo-san | 2013-10-28 08:48 | 落語in岐阜 | Comments(0)
f0203324_172154100.jpg


10月19日の第20回東京苦楽亭迷人会は無事終了した。今回は小、中学校の同級生が5人聴きに来てくれた。また、高校のときの同級生も一人来てくれた。彼とは実に高校卒業以来実に50年ぶりの再会だった。落語を喋るもの楽しいが、こうして久しぶりの友人と会うのが、この落語会の大きな楽しみだ。

落語会の後はお決まりの打ち上げの飲み会。ここでは2代目遊子家悲志氏の「遊子家悲志」と言う名前に対する深い思い入れを聞かせてもらい、良い名前を作ってよかったと、ちょっと誇らしい気持ちになった。心の奥がほわっと温かくなった。

さて、次の日。所は東松山。小さな料理屋で女性4人、男2人のミニ同窓会。じっくり落ち着いて飲み食いして、おしゃべりをして、へぇっと驚くような思い出話を聞いたりして、いやー、楽しいひと時だった。来年も落語会の後はミニ同窓会だ。

楽しい二日間だったな。



    ―了―
[PR]
by go-in-kyo-san | 2013-10-23 17:22 | 北大 | Comments(0)

落語の季節

f0203324_13342857.jpg


明日は東京で「第20回東京苦楽亭迷人会」。出番を交代してもらって中トリ。出し物は「出来心」。今年は「出来心」の年。持ちネタが少ないとこうなる。

11月10日は「第2回極楽寄席」。ここでも「出来心」。前回も「出来心」。あの時は高座に上がる前に既にエネルギーを使い果たし、「へろへろ」の状態だったので誤作動の連続。ここままでは気分が治まらない。リベンジの意味で「出来心」。

11月17日は清福寄席。出し物は「居酒屋」の予定。

12月15日は「梅林寄席」。出し物はまたもや「出来心」。場所が違うし、お客も違うのでこんなことも許されるだろう。この「梅林寄席」で今年の喋り納め。

来年は「大山詣り」を覚える積もり。早く持ちネタを増やしたいな~!


         ―了―
[PR]
by go-in-kyo-san | 2013-10-18 13:35 | 落語in岐阜 | Comments(0)

アジメドジョウ

f0203324_10491820.jpg


最近アジメドジョウに凝っている。白鳥駅近くの小さなスーパーで川魚を売っていると聞いていってみたら、これから大将がアジメドジョウを煮付けるところだという。生で売ってくれと頼んで買ってきたのが前回。その時は醤油を入れすぎてしまい、途中で煮汁を取り出して煮詰めた。かなり濃い味付けになったが、身はぎゅっと締まり美味しく仕上がった。今回はその時取り出した煮汁を使って煮たので、少し薄めの味付けになった。身は柔らかいが上品な味に仕上がった。

小魚の佃煮を程よく味付けするには多少の試行錯誤は必要だ。煮詰める前に、煮詰まった時の味を想像して調味料を加減しなければならず、経験に拠って最善の調味料の量と割合を決めなければならないからだ。

身が締まって濃い味付けが良いか、身が柔らかくて上品な味付けが良いかは、個人の嗜好の問題になってくる。家人の好みも聴きながら味を決めてゆく。こうしてその家の味が決まってくるのだ。

長良川ではアジメドジョウやチチコなどが極端に少なくなった時期があったそうだ。生活雑排水が川に流れ込み、水質が悪くなったのが原因だ。確かに緑色の髪の毛のような藻が大量の発生した時期があった。最近では上流部でも下水処理が進んで水質が良くなってきて、アジメドジョウやチチコなどがうじゃうじゃ獲れるようになったそうだ。川魚好きの私にとって嬉しいニュースだ。

自然を破壊するのも人間。自然を大切にしてその恵みをいただくのも人間。
草木国土悉皆成仏。



      -了ー
[PR]
by go-in-kyo-san | 2013-10-16 10:50 | 長良川 | Comments(2)

蜂屋小学校で落語

f0203324_15193482.jpg


10月10日に美濃加茂市立蜂屋小学校で落語を喋ってきました。2時限目に低学年、3時限目に高学年、低学年には平林、高学年には出来心を喋りました。

平林は山之上小学校でやったときに使った方法で、漢字をプロジェクターで映してもらいながら喋りました。子供たちの反応は最初から最後まで興奮しっぱなしと言う具合で、退場の時に一人の子と握手をしたら、あっという間に子供に取り囲まれて握手をせがまれ、子供たちを静めるのが大変でした。

高学年の子供たちの反応は大人のそれとほとんど変わらず、聴くべき所は静かに聴き、笑うべきところではちゃんと笑っていました。

小学校で落語を喋るのは今回で2回目ですが、以前から隠居したら小学校の小使いさんか英語の講師になりたいと思っていたので、形は少し違いますが、長年の夢が少し叶えられつつあるのかなと思います。

岐阜市の小学校からもオファーが来ないかなと願っています。



        ー了ー
[PR]
by go-in-kyo-san | 2013-10-12 15:20 | 落語in岐阜 | Comments(2)

またまた川ねずみ

f0203324_115376.jpg


9月28,29日の二晩山の家の泊まった。朝、池を見ると川ねずみが魚を捕食しているではないか。ショック!川ねずみはU字溝から池に水を引くパイプ以外の場所から入ってくるのか?そうであれば手の打ち様が無い。

どなたか川ねずみ進入防止法をご存知の方、対策を教えてください。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2013-10-01 11:06 | 山の家 | Comments(0)