人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第2回極楽寄席無事終了

f0203324_172179.jpg


11月10日の第2回極楽寄席は無事終わりました。今回はお客さんが本堂からあふれ出るなどと言うことは無く、用意した40席の9割位が埋まった、落ち着いた寄席になりました。今はいろいろな意味でやってよかったなと、満足感に浸っている所です。

プログラムは以下の通りでした。

開口一番:宝家桃太郎
味噌豆:和朗亭楽珍
池田の牛ほめ:笑朗亭萬念
火焔太鼓:ながら家鮎太
――中入り――
色物
津軽三味線~三味線伴奏つき花笠音頭(歌と踊り)
 南京玉すだれ
出来心:遊子家楽志

今回のプログラムの目玉は二つあります。まず、ながら家鮎太さんが出演してくれたこと。鮎太さんは岐阜大学落研出身で岐阜の素人落語界の重要人物のお一人です。鮎太さんが出演してくれたことにより、寄席全体がきりっと締まりました。
二つ目は色物で、先ず津軽三味線の演奏。次に三味線奏者に南京玉すだれの4人の演者が加わり花笠音頭の歌と踊り、そして三味線奏者が抜けて、代りに楽珍が加わり南京玉すだれ。この流れと変化のある色物は受けました。お客さんは大満足のようすでした。
f0203324_13272416.jpg

f0203324_132826100.jpg


プログラムが始まる10分くらい前に桃太郎さんが脳トレーニングのゲームをお客さんにやらせ、「さあ、落語を聴くぞ!」と言う気分を盛り上げたのも楽しかった。

プログラム以外でも感動的な光景を見ました。出演者一人のお母様(80代後半?)が雨の中をお一人でタクシーを使って到着し、その出演者が傘を持ってお母様を出迎え、笠を差し伸べ御身体を支えて本堂までお連れして、席に着かれるまで手を引いて面倒を見てられた。あの光景を思い出すと今でも涙腺が弛んできます。

また、前日私と女房が会場設営の準備をしていると、上品な老婦人がお寺の境内に入って来られ「明日は何かあるのですか」と訪ねられた。「落語会を行います」と答えると「それでは来てみましょうかね」とおっしゃり、お言葉通り聴きに来てくれた。帰る時には「病み付きになりそう」と言って帰って言ったそうだ。

後片付けをしてお寺から出た時、会場で見かけた人たちが5,6人、向いの喫茶店から出てきた。更に行くと別なお客様のグループがおしゃべりしながら歩いている。

この落語会は人が集まる場所になっているのだと思った。人が集まる場所。まさにお寺だ。落語を聴いていただくことも楽しいことだが、こうして人が集まる場所を作っているのだと感じた時、この落語会を始めてよかったなと思うのです。

                ―――了―――
[PR]
by go-in-kyo-san | 2013-11-12 17:03 | 落語in岐阜 | Comments(0)

隠居流焚き火術

先日山の家に行き、原野状態の前の畑の草を刈り、伸びすぎた木々の枝打ちをした。これらを処分するには焚き火しかない。枝打ちした枝は30~50cm位に切りそろえる。細かい枝も払っておく。枯れ枝と生木を仕分ける。先ず枯れ枝を井桁に組む。その上に生木を井桁に組む。枯れ枝に火をつける。後は火の具合を見ながら生木を足してゆく。生木が燃えて大きな熾き火になったら草を乗せる。煙が盛んに立ち上る中央に草を乗せてゆく。燃え残った草を中央に乗せてゆく。新しい草を乗せる。この動作を繰り返して最後まで面倒を見ると、全てを燃やして灰にすることが出来る。

大事なことは木の枝を全ての小枝を払って一本の棒にすること。手間と時間はかかるが、火をつけてからの処理がしやすくなり、結果的に短時間できれいに燃やしきることが出来る。

草を刈り枝打ちをした状態
f0203324_13402018.jpg


焚き火開始
f0203324_1341335.jpg

草を燃やす
f0203324_13413539.jpg

きれいになった
f0203324_13421284.jpg
原野のようだった畑がこれまできれいになると達成感はある。



    ―了―
[PR]
by go-in-kyo-san | 2013-11-05 13:44 | 山の家 | Comments(0)