人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

じゃが芋の名誉のために

f0203324_20334726.jpg


じゃが芋を蒸かして、発酵バターを塗って食べた。

じゃが芋はアンデス原産なのだ!荒地育ちなのだ。
雑草なんかに負けてたまるもんか。
コンドルは飛んでゆくのだ。

雑草育ちのじゃが芋は味が濃い。じゃが芋らしい味がする。

果たして、秋採りのじゃが芋が育つか?

お楽しみ!!



                          ―了―
[PR]
by go-in-kyo-san | 2014-07-30 20:34 | 山の家 | Comments(0)

じゃが芋掘り

3泊4日の日程で山の家に行き、ジャガイモを掘ってきた。先月町内で葬式が有ったり、しるばぁ寄席があったり、住民説明会があったりで、雑草引きや土寄せなど途中でやるべきことを何もすることができなかった。

畑は下の写真の状態。どこにジャガイモが植わっているのか?勇気を出して掘ってみた。土寄せしていなかったので、殆どの株でイモが地表に露出していて、緑色になっている。全部掘り出してみたら、まともなのが5割弱、何とか食べられそうなのが4割、食べられそうにもないのが1割強と言うありさま。恥ずかしいので写真はなし。
f0203324_16551510.jpg

ひどく緑変していたいもの中には芽を出しているものもあった。どうせ地中に埋めて処分するくらいなら、いっそのこと畝を作って緑変した芋を植えてみたらどうか、もし芋が出来たらお慰みという事で、ちゃんと畝を作って植えてみた。それが下の写真。どうだい、畑らしくなっただろう。これで秋になっていくらかでも芋が採れたら万々歳。
f0203324_16554177.jpg

熱中症にならないように注意しながら、思いっきり汗をかいて、無心で畑仕事をする。精神的にも、肉体的にも、毒抜きになることは間違いなし。湯上りの飲むビールはうまいし、夕食後、寒いくらいの涼しい風に吹かれて、ちびり、ちびりと酒を飲みながら思う存分ハーモニカを吹く。あ、はは、極楽、極楽。


                 ―了―
[PR]
by go-in-kyo-san | 2014-07-24 16:56 | 山の家 | Comments(0)

しるばぁ寄席大盛況

f0203324_11372661.jpg


昨日の第1回しるばぁ寄席、大盛況で無事終了。演者もお客さんも大満足の大喜び。案ずるより産むが易しとは正にこのこと。極楽寄席のメンバー以外は皆さん初高座。膝ががくがくふるえていると言いながら、堂々とこなしている人もいた。さすが年の功。

昨日高座に上らずにお手伝いをしてくれた人は、小唄を習っていたとのこと。次の口演会には小唄漫談でもやってもらおうかしら…

次の極楽寄席には何人かの人に出てもらおう。いろいろ楽しみな事になってきました。

そして夜は第2回住民説明会。モンスタークレーマーが不参加だったので、概していえば、無事平穏に終わった。

昨日は長い一日だった。懸案事項が無事に終わり、今日からは札幌行きモードにスィッチが切り替わった。

OB・OG会の落語会、旧友との再会。お楽しみ。


               ―了―
[PR]
by go-in-kyo-san | 2014-07-20 11:38 | 落語in岐阜 | Comments(0)

第1回しるばぁ寄席

f0203324_13155310.jpg


第1回しるばぁ寄席がいよいよ7月17日(土)と迫ってきた。これは今年3月に発足したシルバー人材センター会員の同好会「落語・小噺を楽しむ会」会員の発表会だ。会員のほとんどが「落語や小噺が毎回聴けるのでは」と期待して入ってきているので、まさか自分が喋るなどとは夢にも思っていなかっただろう。ところが事態は「簡単な小噺をみんなでしゃべりましょう」と言う方向へ進んでしまい、挙句の果てには「発表会をやろう。どうせやるなら早い方が良い」という事になり、あれよあれよという間に7月17日に第1回発表会をやることになってしまった。

殆どの人が人前でしゃべるのは初めてと言う。中には人の前に出ただけで、頭の中が真っ白になって、覚えてはずのセリフが何も出てこないという人もいる。そういう人には堂々と大きな字で書いたカンニングペーパーを持って喋ってもらうことにした。そのうち度胸がつけば、そのうちカンニングパーパーなしで喋れるようになるでしょう。

先日本番さながらのリハーサルを行ったが、皆さん、どうしてどうして、大した度胸で、堂々としゃべっていました。本番が楽しみです。

しるばぁ寄席の人たちは、このような発表会を主催するのは初めてなので、私が主宰している極楽寄席のメンバーに応援をお願いした。毛氈、めくり台、暖簾などを貸していただいた。また、寄席の進行についての細かい手順なども指導してもらった。さらに、賛助出演もしていただくという、全面的なお手伝いをしていただくことになった。何から何まで、面倒見て頂き、ありがとうございます。

さーて、第1回しるばぁ寄席、頑張りましょう。



                 ―了―
[PR]
by go-in-kyo-san | 2014-07-15 13:17 | 落語in岐阜 | Comments(0)

20数年ぶりのテニス

f0203324_1619639.jpg


昨日実に20数年ぶりにテニスをした。我が家の目の前に人工芝のテニスコートが2面できたのだ。6月1日にオープンして以来週末ともなるとポカーン、ポカーンといい音が聞こえる。マレーシアのサンダカンに住んでいた時、ほとんど毎日のようにテニスをしていたので、あの音を聞いてはたまらない。血が騒ぎだし、数日前にラケットを新調し、昨日プレイしたのだ。

20数年のブランクは大きいと言えば大きいし、思ったほどではないと言えば、それほどでもないのだ。ベストな状態でボールを打てたのは殆どなく、ラケットにボールを当てるのが精いっぱいで、3,4歩ボールを追いかければ、息が切れる、足はもつれると言う体たらく。それでも、一応ラリーらしきこともできたし、まぁ、20数年ぶりにしては上出来という事にしておこう。



                 ―了―
[PR]
by go-in-kyo-san | 2014-07-01 16:19 | 折にふれ | Comments(0)