人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

平成26年お盆

f0203324_14495655.jpg


8月6日に北海道から我が家に戻ったらすぐに、小樽から送った干物が届き、それを分配したりしているうちに、女房の大阪在住の従弟からお盆に遊びに行きたいという電話があり、14日に待っていたら、ドッ、ドッ、ドド、ドッ、ドッ、ドドと言う独特のエンジン音を響かせながらハーレーに乗った従弟がやってきた。途中渋滞と雨でびしょ濡れだ。5時間雨の中だったという。レインコートを着る間もなく、新品のチャブスもブーツもびしょ濡れ。それらを乾かすのが、大変だったが、何はともあれ、この従弟が遊びに来たのは実に数年ぶりのこと。それがハーレー(1600ccFatman)でやってきたのだから、ハーレーファンの女房殿は興奮気味。それに刺激された隠居もミーハー振りを発揮して、ハーレーに跨りご満悦。後ろにいるのはG甥2号。

16日はG姪3号の誕生会。今回は忙しかったので、久しぶりの外飯(そとめし)。
17日、ハーレーの従弟はうまい具合に雨間をぬって、風のごとく大阪へ帰って行った。

その後数日間かけて、10月25日の落語会の前日と翌日の飲み会の仕込み。24日は恵迪寮の仲間との飲み会。26日は中学校の同級生に集まってもらってミニ同級会。

その仕込みが一段落した23日は「第5回てんしき杯」予選の審査員として、生まれて初めて落語の審査をした。予選は4ブロックに分かれて行われ、審査員はそれぞれ4人ずつ。プロの落語家がブロック長で残り3人は一般人。30人弱の学生さんの落語を聞いて、1位から5位までの順位を付けたのだが、私が1位につけた学生さんが優勝した。わたしの付けた順位が見当はずれの順位でなかったので、ほっとしている。

プロの落語家、私の属したブロックの長は柳家小せん師匠。プロの落語家さんたちは自分独自の採点表を作って、それに従って、項目別に採点しているようだ。遠目にちらちら見ただけなので、詳しくは分からなかったが、どうもそのようだ。

何はともあれ、7月末から8月初旬にかけての北海道旅行、ハーレーの出現、姪の誕生会、てんしき杯予選審査、そして24日はG甥1号、2号、G姪1号、2号、3号全員そろっての、我が家の夏の風物詩「海南鶏飯」を食べる会。

これで一連の行事も終わり、明日から郡上の山の家に行き、二度植えのじゃが芋の様子を見てきます。

                 ―了―
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2014-08-26 14:52 | 折にふれ | Comments(0)
北海道旅行と言っても、訪れるところはごく限られたとこと。都市名でいえば、札幌、小樽そして苫小牧。目的は観光ではありません。北大落研OB・OG会に出演し、その後の現役学生諸君を交えた懇親会に出席すること。そして旧友と再会すること。そのための5泊6日の小旅行なのです。

まず初めは健ちゃん。彼とはお互いに昭和39年に入学して、恵迪寮の同じ部屋に仮宿して以来の友人なのだ。言葉を変えればお互いに初めて北大で出会った友人なのだ。その関係は50年間変わらず続いている。この数年間は1年に一度会っているが、10年近く会わなかった時期もあったが、会えば「よう、よう」と言う間柄なのだ。

次は北大落研1期生のT名誉教授。学部卒業は同じ年度なのだが、入学年度は私の方が1年早いので、私の方が先輩面している。もっとも落研では私の方が先輩なのは紛れもない事実なのだが、T名誉教授は卒業後も北大に残り、助教、准教授、教授になり数年前に退官するまで、落研生え抜きの顧問にもなり、ずっと落研を見守っていてくれた、言わば北大落研育ての親で、私はT名誉教授に対して、言葉では表しきれないほどの感謝の気持ちを心の中に持っているのです。

T名誉教授と一緒に食事する時、必ず一緒にいるのがT名誉教授の秘書だったふうさん。この女性とは数年前ひょんなことで、ブログと通じて知り合い、それ以来On-Off両方でお付き合いしている。仕事をしながら北大大学院の博士課程で学んでいて、余暇にはランニング。最近はロッククライミングに凝って、英語堪能、フランス語もできて、美味しいものを見つける嗅覚は鋭く、料理は上手(だと思う)で、お酒はうわばみ級、気遣い細やかで、その上美人という、大変な女性。それでまだ独身だという。
だから、この3人で飲むと年寄二人が、「最近の男性は何やっているんだと」、くどくどと管をまいて、最後に「世の中、なるようにしかならないか」ため息をついて、お開きになるのです。

健ちゃん、T名誉教授、ふーさん。この人たちと話をしている間は、何か違和感を覚えたり、心がざらついたりすることが全くないのです。宴が終わり彼らと別れて宿へ帰る道すがら、心の中は「良い時を過ごした」という満足感で一杯なのです。余韻を楽しみながら、宿に帰る。これが好いんだな~!


              ―札幌編 続編あり―
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2014-08-10 11:56 | 北海道 | Comments(0)