人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

札幌の次は例によって小樽のかもめやへ。女将は相変わらず若々しい。特にあの笑顔は年齢(とし)知らずだ。少女のような笑顔だ。この若さの秘密を探ってみた。

本人が言うには「信仰」だという。特に使徒パウロの「わたしは落胆しない(過ぎ行く肉の)外は衰えても、内なる人は日々新たである。(コリント人への後の書簡 4-16)」(新約聖書物語 犬養道子著より引用)」という言葉を心の支えにしているという。

なるほど。わかった。納得。

f0203324_1422153.jpg

今回も朝食は新鮮な烏賊そうめん。前回と違うところは田中酒造で買っておいたお酒を添えたこと。朝からお酒を飲むという事は可なりの罪悪感を伴うが、誘惑に負けるのも人生を楽しくする一つの方法だ、と自分に言い聞かせた。

いや~、至福。


               ―了―
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2014-09-21 14:22 | 北海道 | Comments(1)
f0203324_1559262.jpg


今年の夏、最後に立ち寄ったのが苫小牧。友人の紘、淳子夫妻のお宅。去年新築した、二人暮らしに合った間取りの、住み心地よさそうなお家。

例年のように錦多峰(にしたっぷ)の農園に連れて行ってもらう。狙いはレッド・カレンズ。残念ながら時期が過ぎて収穫できたのは、ほんの少し。それでも去年収穫して冷凍したのがあると聞いて、やれやれ。淳子さんはブラック・カレンズの方が断然おいしいという。確かにそうなのだが、レッド・カレンズも捨てがたい味があるのだ。

今年はレッド・カレンズを煮詰めるとき、甜菜糖を使ってみた。少し煮詰めすぎたこともあって、一寸コクのあるゼリー状のジャムになった。評判がよく、来年も西多布農場を訪れてレッド・カレンズを摘ませてもらおう。

この農園には出入りを許された野良猫が8匹棲みついている。餌をやっているのだから、完全な野良猫ではない。出入りを許すとは、不妊手術を施してあるという事だそうだ。随分手間暇、費用の掛かる許可なのだ。

上の写真はそのうちの1匹の昼寝姿。良く出来た昼寝小屋。もともとは野鳥の餌場だったのだそうだ。台が腐ってしまったので、地上に置いたところ、猫が昼寝小屋として使い始めたのだそうだ。最初から猫の昼寝小屋として作ったように思えるほど、ぴったりしている。

今回の北海道旅行で撮った写真の中で一番おもしろい写真です。

お二人の農園生活はブログ「日々家庭菜園」をご覧になって下さい。

では、また。ごきげんよう。


                  ―了―
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2014-09-05 16:00 | 北海道 | Comments(0)

夏の終わりの畑仕事

先週、3泊4日の日程で山の家に行き、畑仕事と石垣の草取りをしてきた。

f0203324_13572359.jpg

じゃが芋はまだ芽を出していない。もしかしたら発芽能力のない芋を植えたのかもしれない。もしそうだったら、所為がないのでニンニクを植えてみることにした。長滝の道の駅でニンニクを2袋買って、一粒ずつばらしたら、100粒ほどの球根になった。15cm間隔ぐらいに植え付けたらよいとのこと。間に元肥を施し、15cm間隔で植えたら、4畝ほどになった。残りの畝はじゃが芋が目を出すことを期待して、土かけをした。

次の日の午前中は前の畑に続く道の草刈り。人が歩かなくなると雑草が繁茂し、道が道でなくなるのだ。草を刈ってみて初めて気が付いたのだが、本来の道はキーウィの棚ぎりぎりのところにあった。今つけている道は大分畑の方に入ってしまっている。雑草の圧力に負けてしまったのだ。キーウィの棚の残骸を片付けたら、道を本来の位置に戻さなければならないだろう。
f0203324_13575450.jpg

午後は西側の石垣の草刈り。写真は草刈り後なのだが、それらしく見えないのが残念。この日の仕事はかなりの重労働だった。

山の家の草刈りなどの仕事も、もうそろそろ後継者を育てなければならない。誰がやってくれるのだろう?


                 ―了―
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2014-09-05 13:58 | 山の家 | Comments(0)