人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0203324_1431973.jpg

岐阜では3月23日に染井吉野の開花が宣言され、昨日30日にはほぼ満開となりました。28日には家族が集まって、加納城址公園の上の写真とは別の場所でお花見をしましたが、その時は3分咲き位でしたので、2日間で一気に満開になったわけです。今日は3月31日。気象情報によると明日から天気は崩れて前線が停滞するとのことで、週末はあいにくの天気が予想されます。清水川沿いのお花見テラスには、場所の予約の札が沢山かかっていますが、天気は花見日和と言うわけにはいかないようです。
f0203324_144015.jpg

3月27日には郡上の山の家に行き、水道の蛇口を取り付け、止水栓を開けて山の家開きをしてきました。山の家のある郡上市白鳥町大字長滝字須河は雪の深い所で、まだこれだけ雪が積もっていました。この雪が解けて蕗の薹が顔を出し始めるころ、本格的な山の家通いが始まります。

という事で、ようやく春になりました。今までの冬はただ寒いだけで済みましたが、最近は血行不良で足がつりやすくなったとか、乾燥肌で体中がかゆくなるとか、今までになかったような症状が出てきて、齢を取ってきているのだな、ということを実感するようになりました。私も、春を待ちわびるような齢になってきたのだ、と思います。



                 ―了―
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2015-03-31 14:05 | 折にふれ | Comments(1)

平成27年白木蓮の開花

f0203324_11442565.jpg


加納城址公園の白木蓮が今日開花した。まだ、2分咲きと言ったところ。3月も17日になってようやく春めいてきた。

およそ半年にわたって検査、治療を受けてきた女房殿の病気も、先週の診断では治療は大成功で、良い状態で寛解しているとのこと。寛解なんて聞きなれない言葉なので、早速調べてみた。

寛解(かんかい、英:Remission):これは永続的であるか一時的であるかを問わず、病気による症状が好転または、ほぼ消失し、臨床的にコントロールされた状態を指す。すなわち、一般的な意味で完治せずとも、臨床的に「問題ない程度」にまで状態がよくなる、あるいはその状態が続けば寛解したと見なす。

引き続き「生食ロック」(生ものを食べてはダメなこと。食べ物はすべて加熱したての物を食べなければならない)、感染症に注意、人ごみを避けることなど注意しなければならないことは多いが、一応病院に通うのは一か月に一度でよくなった。やれやれ、これで一安心。

もうひとつ、うれしい知らせ。G姪3号が岐阜高校の入試に合格したとのこと。良かった、よかった。

半年近く、緊張した毎日を送ってきたが、これで今年は楽しく桜の花を愛でることが出来るだろう。


                 ―了―
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2015-03-17 11:44 | 折にふれ | Comments(2)