人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

頼りになる助っ人

姪の息子夫妻が山の家に泊まりに来た。今回の目的はキーウィ棚の残骸の解体と池周りの除草。結果はご覧の通り。二人とも草取りや農作業が好きだと言う。頼もしい助っ人が現れた。これからが楽しみだ。
f0203324_1416035.jpg

f0203324_14163712.jpg

f0203324_1417741.jpg


夜は囲炉裏で、中に刻みねぎを詰めた油揚げ、ウィンナソーセージ、真鱈ときのこの包焼き、豚ロース塩麹漬けの炭火焼き、それとレタス、トマト、きゅうり、ミックスビーンズ、さんまのトマト煮のサラダ。飲み物はビール、日本酒、焼酎、もらい物のどぶろく。

労働の後、囲炉裏での山賊の宴会は美味かったし、楽しかった。
f0203324_14174733.jpg


また、頼むね!



                  ―了―
[PR]
# by Go-in-Kyo-san | 2016-05-28 14:18 | 山の家 | Comments(0)

2016山の家の遅い春

f0203324_8532652.jpg

11日月曜日から昨日まで、2泊3日で山の家に行ってきた。今シーズン初めての宿泊。先ず11日は10時ちょっと過ぎに家を出て途中郡上市大和の道の駅で昼食(かきあげうどん)をとり、午後1時に山の家に到着。荷物を下ろし早速大掃除。掃除機をかけて、フローリングはモップ掛けし、階段、棚などは雑巾で拭いて、ひと冬の汚れをきれいに拭った。ひと風呂浴びて汚れを落とし、まずはブラックニッカのソーダ割りでのどを潤し、夕食は持参したご飯、ビーフカレーを電子レンジで温め、ドライパックの牛蒡サラダに茹でブロッコリを混ぜたサラダ。今回は山の家でなるべく料理をしなくて済むように女房殿は茹で野菜などを用意してくれた。
ウィスキーのソーダ割りの後は米焼酎を飲みながらビーフカレーで腹を満たし、これはかなりの量だったが、自家製のルーで作ったカレーは消化が良い。何しろカレー粉は漢方薬と成分は同じようなものなので、消化によいのだ。

食後は久しぶりにハーモニカを吹いて時間をつぶした。

2日目の朝、インスタントみそ汁、納豆と卵を混ぜたものを電子レンジで40秒。ご飯も電子レンジでチン。お手軽朝食。後片付けをして、前の畑のキーウィ棚の残骸の解体。これが大変な作業で、なにしろ丸太や板類に五寸釘が打ち込んであり、おまけにL字鋼が太い針金で縛りつけてあり、ちっとやそっとでは手が付けられないという代物。根気よく一カ所ずつ針金を切り、釘を抜き数本の柱を抜くことが出来た。体力の限界を感じ、今回はこれまで。昼食にはまたカレーを食べ、一休みの後は、雪の重みで傾いたこの手柏の枝打ち、梅の木の行儀の悪い枝の枝払い、休憩の後は畑の草取り。イネ科の草の塊りがあり、備前鍬とスコップで掘り返さないと抜けない厄介な草が何株もあり、これらを抜くだけで結構な作業になった。段々くたびれてきたので、あとは庭に生えているアカザなどを大きくならないうちに抜いておいて、今回の作業はおしまい。夕食は持って行った材料で豚キムチ鍋。ビールと米焼酎でいただき、夕食後はポータブルDVDプレーヤーで古今亭志ん朝の刀屋、付き馬、抜け雀を鑑賞。志ん朝はいいなあ。姿が端正で、歯切れがよくて、声が良くて、しぐさが柔らかで品があって、ああ、言うことなし。

3日目。夜半過ぎからの雨。のんびりと後片付けをして、11時出発。長滝の道の駅で、行者ニンニク、こごみなどを買い、林さんの家により、米を引き取り、いずやで麹を買い、大和の道の駅で、定番の郡上味噌豆乳うどんを食べ、ことといヨーグルトを食べ、美味しかったのでお土産に3個買って、満足、満足で雨の中を帰宅しました。

心と体の洗濯をしてきました。





                           ー了ー
[PR]
# by Go-in-Kyo-san | 2016-04-14 11:44 | 山の家 | Comments(2)

2016年花見

f0203324_1155336.jpg


今年は3月30日に恒例の加納城跡公園で花見をした。今年の参加者はたったの4人。お義母さん、女房、G姪1号、私。それでもちゃんとお稲荷さんを作ってくれた。お稲荷さんを作るのはお義母さんと女房。私は出る幕なし。あ、いりごまを擂りました。
f0203324_1156297.jpg

加納城跡公園へ食べ物、飲み物、椅子、ブルーシートなどを運んで、桜の花の下に宴会場を設営。幸い風もなく、空は薄い雲がかかって日差しを和らげてくれ、お花見には最高の条件だった。春になったことを十分に感じ、楽しく、美味しいひと時を過ごしました。



                 ―了―
[PR]
# by Go-in-Kyo-san | 2016-04-02 11:57 | 折にふれ | Comments(0)

第13回策伝大賞

f0203324_11565324.jpg


今年の策伝大賞決勝大会は大爆笑で始まった。一番手で登場したのが神戸大学の「可愛家ばれる」さん。この「ばれる」がキーワード。審査委員長は桂文枝師匠。20年来の不倫がばれたというスキャンダルの真っ最中。ばれるさんがこの件をちょっといじったものですから、会場は大爆笑。ばれるさんの落語が終わって講評を求められた文枝師匠が絶句して、また大笑い。講評を振られた細江市長が「私は何のことかよくわかりませんが・・・」と切り出して、また大笑い。とにかく熱い雰囲気で決勝大会は始まりました。

結果。
策伝大賞には関西学院大学の四笑亭笑ん太(よんしょうてい えんた)さん。実はこの「笑ん太」さん、昨年の「てんしき杯」決勝トーナメント1回戦において大差で敗退していました。半年間、一生懸命精進したのでしょう。この受賞をきっかけにプロの噺家を目指したいとのこと。頑張って下さい。2位にあたる審査員特別賞には可愛家ばれるさん。3位の岐阜市長賞には昨年と同じ日本大学芸術学部の外楼一拝(あうとろー いっぱい)さん。手堅さを感じます。今回特別に設けられた会長賞が筑波大学大学院の古閑亭菊之門(こかんてい きくのもん)さんに与えられました。演題は「笠碁」。碁がたきがゲイ関係にあるということを匂わせる演出でした。性的マイノリティーの問題が注目されている現在を意識したのでしょう。あえてタブーに挑んだことが評価されたのでしょうか。

年々、古典落語をそのままコピーするのではなく、現代風にアレンジするという傾向が強くなってきていると感じますが、今年も立命館大学の立の家京塔(たつのや たわわ)さんが「地獄八景亡者の戯れ」を全く現代風に、それも年寄にはまったく理解できないほど若者向けにアレンジしていました。若者文化を理解できれば、もっと面白く聞けてのだろうと、ちょっと悔しい思いをしました。

ということで、今年の策伝大賞も予選から決勝まで楽しみました。また、来年!!


                  ―了―
[PR]
# by Go-in-Kyo-san | 2016-03-13 11:57 | 落語in岐阜 | Comments(0)
f0203324_11361196.jpg


加納城跡公園の白木蓮の花が咲き始めました。昨年は3月17日にブログに白木蓮の開花を載せました。今年は昨年に比べ白木蓮の開花が早いようです。

今日の岐阜の予想最高気温は21度とのこと。外に出て日の光を浴びると気持ち良いです。今年の北海道は台風並みの低気圧が頻繁に襲ったようですが、岐阜は大分暖冬だったようです。それでも年々冬の寒さが体にこたえるようになりました。今日の暖かさがありがたいです。

北国の皆様、雪が解け北辛夷の花が咲き始めるのは、まだだいぶ先のことでしょうが、一足先に岐阜の春をお届けします。




                 ―了―
[PR]
# by Go-in-Kyo-san | 2016-03-08 11:36 | 折にふれ | Comments(0)

第2回林陽寺極楽寄席

f0203324_106455.jpg


1月21日に岐阜市岩田西にある曹洞宗林陽寺において大般若祈祷会が行われ、その後のお楽しみ(清興)として、林陽寺極楽寄席を開催した。今回のハイライトは山田准作画・前田直子さん朗読の落語紙芝居「松山鏡」、それと竹市利津子さんによる三味線ひきがたり。あとはしるばぁ落語の会メンバーによる漫談、どじょうすくい、手品、落語。色とりどりの出し物があり、楽しい寄席だったと、思います。
f0203324_1085687.jpg

林陽寺のホームページ「曹洞宗しだれ桜の林陽寺」http://www.rinyouji.com/の林陽寺だよりから松山鏡と落語をYoutubeで観ることが出来ます。

新年の林陽寺極楽寄席も今後とも続けられるようにと願っております。

よろしくお願いします。



                    ―了―
[PR]
# by Go-in-Kyo-san | 2016-01-30 10:09 | 落語in岐阜 | Comments(0)

2016謹賀新年

f0203324_8474490.jpg


皆様、明けましておめでとうございます。

久しぶりの更新です。昨年の12月は例年のキムチや鮭の飯鮓作りに加え、下肢静脈瘤血管内焼灼術と言う手術、我が家の外壁工事、暮れも押し詰まってからの肩の腱を痛めるアクシデントなどもあり、かなり厳しい年の瀬を過ごしました。

元旦は打って変わって、昨年入籍を済ませた2組の若いカップルを含め総勢15名が我が家に集い、賑やかで楽しい時を過ごしました。

食卓に並んだ料理は、ローストビーフ、スモークドチキン、数の子、鮭のマリネ、紅白なます、蛸、昆布巻き、くわい、蒟蒻の土佐煮、きんぴらごぼう、筑前煮、田作り、紅白のかまぼこ、黒豆、鮭の飯鮓、キムチ、赤蕪の漬物、各種やきもち、そして食後のぜんざい(お汁粉)。市販のおせち料理とは一味違った優れものです。

お酒は30年物のアイス・ワイン、獺祭の純米大吟醸、純米酒長珍、長良川ワインの白、そしてエビスビール。

自慢するわけじゃないが、なかなか豪華です。

今年の集まりには私の姪1号の長男夫婦、G甥1号のお嫁さんが新たに加わり総勢15名になりました。めでたいことです。

と言うことで、今年は幸先の良いスタートです。

本年もよろしく。



                        ―了―
[PR]
# by Go-in-Kyo-san | 2016-01-03 16:27 | 折にふれ | Comments(0)

第5回法運寺極楽寄席

f0203324_11241139.jpg


第5回法運寺極楽寄席は大盛況で無事終了した。シルバー人材センターの落語同好会の人たちも、大分高座で喋ることに慣れてきて、今までで最高の出来栄えだった。極楽寄席の面々も持ち味を十分発揮し、お客を喜ばせた。内容も小噺、落語、一人芝居、手品、南京玉すだれ、大喜利など盛りだくさんで、アメリカ人の津軽三味線は演者の急な都合で実現しなかったが、その穴を十分に埋め尽くした盛り上がり方だった。

私としては、金明竹の最初の岐阜弁早口口上をつかえることなく、スラスラと出たので波に乗り、気持ちよくしゃべれた。

法運寺極楽寄席もようやく軌道に乗ったという感がした。やれやれ、ふゥー・・・





                ―了―
[PR]
# by Go-in-Kyo-san | 2015-11-16 11:25 | 落語in岐阜 | Comments(0)
f0203324_10201943.jpg


加納城址公園石垣に咲く曼珠沙華。今年も咲きました。

きょう未明、安保法案が強行採決されました。岸信介の怨念が孫の安倍晋三の乗り移ったのか?

およそ理性と対極にある安倍首相の言動は、何か得体のしれないものに動かされているとしか考えられない。

・・・怨念・・・?


先日友人たちと食事をした。北大の大学院で心理学を学んでる友人に、「安倍首相とは?」と尋ねてみた。彼女は即座に「マリオネット」と答えた。その理由は

1.幼いころから岸信介の思想の流れの中で育った。
2.しかしそれ以上に物事を深く考えるほど頭は良くない。
3.政治家としての血筋は抜群で、ぺらぺらしゃべることには長けている

ということで非常によくできた「あやつり人形」なのだそうだ。

なるほど!

次なる疑問。

誰が操っているのか?
残念ながら、そこまで話は進展しなかった。
それは誰なのか・・・?




                         ―了―
[PR]
# by Go-in-Kyo-san | 2015-09-28 14:39 | 折にふれ | Comments(0)

夏の終わり

先月27日、貴重な晴れの日に、日帰りで山の家に行ってきた。暑かったので、外での草むしりなどはせず、布団を干したり、日陰にある茗荷を収穫したり、久しぶりの山の家で半日過ごしてきた。

f0203324_10573125.jpg

前の畑は雑草が生い茂り、名残りの夏の太陽を反射して、キラキラしている。長滝白山神社の森は暗く、空は青く、雲は白く、しかし、空気はひんやりをしていて、ああ、夏も終わりなんだぁ・・・
f0203324_10575852.jpg

数日後、友人から大型の鮎をいただいた。二十二、三センチはあろうか?こんな大きな鮎を見たのは初めてだ。鮎がこれだけ大きくなったという事は、もう、夏の終わりを告げているのだろう。

9月最初の週末。今日は快晴だが、明日から天気は下り坂。うん、夏は終わりなのだ。



                 ―了―
[PR]
# by Go-in-Kyo-san | 2015-09-05 10:58 | 折にふれ | Comments(0)