人気ブログランキング |

人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カルガモの日向ぼっこ

f0203324_20112561.jpg

我が家の斜め裏は加納小学校のプールだ。夏の間は午前中から「わーわー、きゃーきゃー」と元気な声が我が家にも飛び込んでくる。元気な子供の声を聴くのはいいものだ。女房は小学生の頃、プールから友達が呼ぶ声に応じて、裏のうちの庭を通らせてもらい金網の隙間からプールに行ったらしい。

今日は山茶花梅雨の貴重な晴れ間だった。掃除をしようと北の窓を開けたら、プールサイドにカルガモのカップルが居た。私には「老夫婦の日向ぼっこの図」のように思われた。このところ忙しい毎日を過ごしているので(隠居とは言え色々あるのだ)、何か「ほっとするもの」が欲しかったのかもしれない。

先日姉から葉書が来た。次の旅行の準備が八割がた整ったという。どういうことだ。こちらは台風一過の後始末がまだ終わっていないというのに、台風本体は次の襲来の準備をしているという。次の旅行の目的は、ひょっとしたら「天岩戸に本物の大仏を観に行こう」かもしれない。今が嵐の前の静けさなのだ。
Commented by 甥一号 at 2009-11-13 16:02 x
先週日曜日、愚息と蕎麦屋を探して渋谷区某所の商店街を歩いておりますと、息子が「おじいちゃんと同姓同名だ」とある医院の看板を指しています。確かに、院長の名前が亡父とまったく同じ。これは、亡父が「そろそろ命日だから、忘れてくれるなよ」というメッセージであったと思っています。母もそれは覚えていたようですが、旅行に行っちゃうのかしら。オヤジも心配になるわけですね。こりゃ。
Commented by takarinn at 2009-11-13 17:40 x
山茶花梅雨って言うことば、ひょっとして季語にあるのかしら?なかなかいい言葉ですね。

それとは関係ありませんが、拙宅も小学校(息子たちの母校児玉小学校です)の西門前にあり、プールが2階の居間の窓から手に取るように見えるので、子どもたちが水泳の授業の時に在宅していて、気がつくともう目が離せずにじっと見ていた若かりし日を懐かしく思い出しました。

そのプールが秋口になり静かになると、どこかから羽を安めにカルガモが飛んでくるみたいです。それも感心につがいで。
Commented by 隠居 at 2009-11-13 19:51 x
>甥一号様
次の旅行の予定は来春、名古屋の徳川美術館で行われる「お雛様展」を見ることと、犬山市の国宝犬山城に行くことです。
これだと岐阜の連中も一緒に行けて、賑やかに楽しめると思います。
Commented by 隠居 at 2009-11-13 19:55 x
>Takarinn様
山茶花梅雨とは秋から冬へ移り変わる時の雨を言うそうです。
先日NHKの気象情報で言っていました。
Commented by takarinn at 2009-11-13 21:39 x
ありがとうございました。ひとつ物知りになった気分です。
by Go-in-Kyo-san | 2009-11-12 20:17 | 折にふれ | Comments(5)