人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

手作り仏壇

f0203324_1526408.jpg
先日高野山の本王院で先祖供養をしてもらってからすっかり真言宗づいてしまった。「仏教の思想9巻 生命の海<空海>」を読んで以来真言宗に惹かれているのは事実で、先祖供養をしてもらったのを契機に真言宗のスタイルで毎日のお勤めをしようと思い立った。義母の家に同居しているので、私の家の仏壇は無い。そこで手作りで仏壇を作ることにした。棚はホームセンターで材料を買ってきて作った。位牌の代わりは「回向之契証」だ。「回向之契証」を納める箱はお菓子の箱、それを載せる台は欅と黒檀の切れ端、花瓶はwedgewoodの花瓶、燈明は義父の枕供養で使ったもの、水入れはぐいのみ、香炉は義母から借り物、御りんの代わりは南部鉄の鈴。これは金剛鈴のつもり。長屋の花見のノリのようだが、前述の本によれば、「空海の即身成仏の教えは、われわれ凡夫が本質的にはどこまでも仏と同一不二のものであるという、凡聖不二の確信を前提としている」とある。一見寄せ集めの凡の極みのようなものであっても、それを聖なるものと思えば聖なるものなのだ。と言うように「凡聖不二」を私なりに解釈して、写真のような仏壇を作ったのだ。

f0203324_1527233.jpg


本王院でただで貰ってきた「高野山檀信徒手帳」に書いてある「仏前勤行次第」にしたがって朝のお勤めをしている。お経や真言、陀羅尼は「真言宗の密教と修行」と言う本についているCDを聴いて練習している。このように最初は面白がってやっていても、そのうち真剣になり本物になってくるだろう。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2010-11-17 15:34 | 折にふれ | Comments(0)