人気ブログランキング |

人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

北海道の保存食

今日は北海道の保存食品を使ったご馳走を楽しんだ。先ず、アイヌの人たちが伝統的な方法で作った鮭の燻製(サッチェップ)の頭を使ったオハウ(アイヌ風ポトフ)。糠ニシンを使ったモヤシ炒め。
f0203324_15313437.jpg

我が家では新巻鮭の頭を使って三平汁を作ることがあるが、サッチェップの頭を煮出して取ったスープは新巻鮭のそれよりも魚臭くなく、脂もギラギラしていない。魚の味は濃厚なのだが、あっさりしている。このスープにジャガイモ、ニンジン、玉ネギ、オクラを入れて煮たのが今回のオハウ。魚のポトフとしては可なり高級感がある。西洋の香味野菜を加え、飲み物を白ワインにすれば洋風で楽しめると思う。今度試してみよう。
f0203324_15322529.jpg

次は糠ニシンとモヤシの炒め物。この糠ニシンは辛口なので、そのまま焼いて食べるには可なり塩辛い。マレーシアにいる時、現地のイカン・マシンという発酵塩漬け干物(可なり発酵臭のある癖のある魚の干物)とモヤシを炒めたのを良く食べていた。日本ではこのイカン・マシンが手に入らないので糠ニシンで似たものを作ってみた。イカン・マシンのような癖のある匂いがないので、私としては香りの点で少々物足りないが、味は上々だ。
f0203324_1533123.jpg

前菜としてサッチェップとオクラを入れた大根おろし。今日の主食はお米のご飯なので当然糠漬けの香々は欠かせない。
f0203324_15335995.jpg

燻製あり、糠漬けの魚あり、糠漬けの香々あり。今日の食事はちょっと変わった取り合わせだった。
Commented by Wako at 2011-09-01 18:58 x
ものすごくおいしそう!
このような食材を楽しむご隠居様、きっと長生きしますね!
by go-in-kyo-san | 2011-08-30 15:34 | 北海道 | Comments(1)