人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

キナバル旅行その5 パサール

旅行の楽しみの一つに、地元の市場を覘くと言うことがある。マレーシアのパサール(市場)は比較的清潔なので、日本人が立ち寄っても「うえっ」と言って逃げ出すことはないだろう。今回の旅行でもコタ・キナバルのパサールを覘いてみた。G姪3号にマレーシアの人たちの生活の一端を感じてもらいたかったのだ。

先ず、大通りに面したところにある乾物屋。魚の干物がぶら下がっている。
f0203324_13313612.jpg

こんなのもある。どうやって食べるのかな?
f0203324_13321343.jpg

建物の中ほどにある練り物屋。炒めたり鍋に入れたりして食べる。日本と一緒だ。
f0203324_1333667.jpg

次は鶏肉売り場。日本とちょっと違ってくるのがこの辺から。鳥インフルエンザが世界的に流行する前は、生きたまま売るのが普通だった。お客はケージに入った鶏を選んで、自分で捌く人はそのまま持ち帰り、そうでない人は50セント手間賃を払って捌いてもらっていた。今ではこうやって売っている。
f0203324_133340100.jpg

f0203324_13342035.jpg

もっと日本と違ってくるのが、豚肉売り場。こんなのが売っている。
f0203324_13352538.jpg

f0203324_1335567.jpg

ここでは普通の肉より、部位にもよるが、通常内臓などの方が値段は高いのだ。普通の肉も皮付きが多い。皮の部分はゼラチン質が多く、揚げるとパリパリするし、ゆっくり煮込むと、とろーりと柔らかくなり、いかにも豚肉!と言う感じになる。日本の中華料理屋にもある「東波肉」などの本場物は皮付きのばら肉を使う。料理に手間はかかるが、美味しいものが出来上がる。

さて、この辺でキナバル旅行シリーズを一旦終わりといたします。マレーシアは治安がよく安全です。田舎に行っても大体英語が通じます。片言で充分です。また、何と言っても、食べ物が安くて美味しい。多民族国家なので中国料理、マレー料理、インド料理、西洋料理など食べ物の種類も多く、色々楽しめます。旅行先としてはお勧めの国です。一度、訪ねてみて下さい。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2012-05-20 13:37 | 折にふれ | Comments(0)