人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

かもめやとしろくま食堂

落語口演会の次の日は小樽に移動し、定宿のかもめやに宿泊した。女将によるとかもめやの近くに「しろくま食堂」と言う食堂が出来て、これが私好みの食堂だという。早速行ってみた。昼食にネパール・チキン・カレーを食べた。美味しかった。物語はこれから。カレーを食べ終えると皿の柄が見えるようになった。皿の真ん中に小さな魚の絵がある。あまごの絵だ。作者は村上康成。そこからマスターと色々話をするうちに分かったことは、マスターは若い頃15年間蕎麦打ち職人をしていて、岐阜にも居た事があると言う。郡上八幡では子供たちと一緒に橋の上から吉田川に飛び込んだことがあると言う。すっかり話が合ってしまい、夕食もこの店で食べた。書かれていない裏メニューがあり、お客の要望に応えてある材料で何でも作りますと言うのだ。このときはあまり体調が良くなかったので、お腹に優しいものでお酒飲みながらご飯を食べたいと言ったら、作ってくれたのが以下の料理

まず、豆腐に生うにを乗せたもの
f0203324_9293082.jpg

えび焼売とかに焼売
f0203324_9312880.jpg

モロヘイヤとオクラに茹でた帆立の貝柱の和え物
f0203324_932632.jpg

うす切り豚肉のしゃぶしゃぶ
f0203324_9324724.jpg

これらを米焼酎をチビリチビリやりながらいただき、最後はご飯と味噌汁と漬物。
f0203324_9332132.jpg

まるで我が家で晩酌を楽しんでいるような雰囲気だった。

かもめやに泊まって夕食はしろくま食堂で晩酌を楽しみ、翌朝かもめやの朝食をいただく。これだけで極楽気分を味わえる。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2012-08-15 09:38 | 北海道 | Comments(0)