人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

内向きな日本の外交

外交と言うものは「相手国の歴史観、国民性、対日感情などを充分に理解し、相手の主張を公平に認識した上で、自国の利益をぎりぎりの所まで主張して、双方が納得する形で折り合いをつけることだ」と思う。

最近日中関係が悪化しているのは、根底には関東軍が起こした柳条湖事件に端を発した「宣戦布告なき」侵略戦争で大勢の市民を殺しておきながら、日本政府がきちんと謝罪していないからだと思う。過去の歴史を検証し、過ちは過ちとして認めて謝罪することは決して国家の恥ではなく、かえって国家の尊厳を高めることになると思う。それをやらずに一方的に「日中間に領土問題は存在しない」と突っぱねていたのでは、日中間の諸問題は何時までたっても解決しないだろう。日韓関係における慰安婦問題、竹島領有権問題も然りだ。

「日中間に領土問題は存在しない」などと一方的に主張することは、仲間内での「受け」は良いだろうが、外交的にも国際的にも受け容れられるものではない。尖閣国有化の問題にしても9月9日にロシア・ウラジオストックで行われたAPEC首脳会議の際、野田首相との立ち話に応じた中国の胡錦濤国家主席が国有化を「不法、無効で固く反対する」と批判したのに対して、その二日後に日本政府が尖閣購入を閣議決定した。胡錦濤主席にしてみれば顔に泥を塗られたと感じたであろう。また中国人にしてみれば国家主席が恥をかかされたと思うだろう。中国人は面子を重んじる人たちだ。それを全く配慮しない日本政府の決定はまるで喧嘩を売るようなものだ。全く日本の外交下手にはあきれ返る。日本の外交が「内向き」だと感じるのはこのようなことが多すぎるからだ。

一方、日本は第二次世界大戦後全く戦争をしていない数少ない先進国のひとつだ。世界平和、特にアジア地域安定に日本が果たしている役割は大きいと思う。日本は大いに誇りを持ってよいと思う。日本政府がやるべきことは特使をアジア諸国に派遣し、日本の尊厳を傷つけることなく、相手の政府、国民が納得する謝罪方法(英語及び日本語による謝罪文作成まで含む)を話し合って決めて堂々と謝ることだと思う。これは20年あるいは30年前に既にやっておくべきことだ。それをきちんとやっていないから何時までたっても日本に対する不満・不信の火種が消えないのだ。仲間受けの良い「内交」はもう止めにして、本当の外交をしなければならない。

今まで政治がらみの話題はあえて書かなかったが、最近どうも我慢がならず書いてしまった。異論、反論もあるでしょう。大いに歓迎します。但し、誹謗・中傷はご勘弁願います。
[PR]
by go-in-kyo-san | 2012-10-02 08:54 | 折にふれ | Comments(0)