人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

野良猫の昼寝小屋(2014年北海道旅行その2)

f0203324_1559262.jpg


今年の夏、最後に立ち寄ったのが苫小牧。友人の紘、淳子夫妻のお宅。去年新築した、二人暮らしに合った間取りの、住み心地よさそうなお家。

例年のように錦多峰(にしたっぷ)の農園に連れて行ってもらう。狙いはレッド・カレンズ。残念ながら時期が過ぎて収穫できたのは、ほんの少し。それでも去年収穫して冷凍したのがあると聞いて、やれやれ。淳子さんはブラック・カレンズの方が断然おいしいという。確かにそうなのだが、レッド・カレンズも捨てがたい味があるのだ。

今年はレッド・カレンズを煮詰めるとき、甜菜糖を使ってみた。少し煮詰めすぎたこともあって、一寸コクのあるゼリー状のジャムになった。評判がよく、来年も西多布農場を訪れてレッド・カレンズを摘ませてもらおう。

この農園には出入りを許された野良猫が8匹棲みついている。餌をやっているのだから、完全な野良猫ではない。出入りを許すとは、不妊手術を施してあるという事だそうだ。随分手間暇、費用の掛かる許可なのだ。

上の写真はそのうちの1匹の昼寝姿。良く出来た昼寝小屋。もともとは野鳥の餌場だったのだそうだ。台が腐ってしまったので、地上に置いたところ、猫が昼寝小屋として使い始めたのだそうだ。最初から猫の昼寝小屋として作ったように思えるほど、ぴったりしている。

今回の北海道旅行で撮った写真の中で一番おもしろい写真です。

お二人の農園生活はブログ「日々家庭菜園」をご覧になって下さい。

では、また。ごきげんよう。


                  ―了―
[PR]
by Go-in-Kyo-san | 2014-09-05 16:00 | 北海道 | Comments(0)