人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

久しぶりの山の家

f0203324_10143687.jpg


女房と一緒に久しぶりに山の家に行ってきた。庭木の二本の児の手柏を荒縄でぐるぐる巻きにする作業を行った。これをしておかないと冬の間に積もった雪で枝がばらばらに開いてしまうからだ。この作業は樹の周りをまわって荒縄を巻きつけるのだが、一人では大変な作業になる。女房の手伝いが必要なのだ。

あとは葱を全部掘った。掘ってみて初めて知ったのだが、葱は二種類あった。一つは細くて一株の本数が多いもの。もう一つは、本数は少ないが根元の部分が少し膨らんでいて、皮が赤いもの。赤い皮の下は白いのだが・・・なんという品種だろう?

これで昨日の作業は時間切れ。水道の水抜きは次回という事にした。

道中156号線沿いの紅葉がきれいだった。運転していたので、じっくりと周囲を眺めることはできなかったが、正面の見える範囲内でも十分堪能できた。

女房も気分転換が出来たようだ。



                 ―了―
[PR]
Commented by go-to-kyo at 2014-11-25 18:27 x
今年の紅葉は例年より早いようです。京都は観光バスが目立ちます。
「児の手柏」が何か分からず、過去の画像をチェックしました。2009年12月14日の記事を見つけました。
『2本の「このてがしわ」を荒縄でぐるぐる巻きにすること。これをしないと雪の重みで枝が広がってしまい、春になって雪が解けると「このてがしわ」が水から上がったばかりの河童の頭のようになってしまうのだ。それと水道の配管の水抜き。いつもは女房と二人でこれらの作業をやるのだが、今回はG甥2号に手伝ってもらった。大いに助かった。特に「このてがしわ」をぐるぐる巻きにする作業は3人でやるとずいぶん楽に出来た』
今回はG甥2号は夫婦水入らずの作業には邪魔なようでした。
by go-in-kyo-san | 2014-11-25 10:14 | 山の家 | Comments(1)