人生は夕方から楽しくなる。ン、ほんとかな?


by Go-in-Kyo-san
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ:折にふれ( 200 )

平成最後の正月

f0203324_11191868.jpg
平成としては最後の正月。明けましておめでとうございます。元旦早々に頂いた年賀状にブログを見てると、ブログを見るのを楽しみにしてるよと書いてくださる方々があり、ありがたく思っています。中にはしばらく更新がない時は、どうしたのか心配していますとか、もっと頻繁に更新しろとか言われる方も居まして、皆様方には多大なご心配とご迷惑をお掛けし心よりお詫び申し上げます。二度とこのようなことが起こらないように、皆様方に寄り添い丁寧に説明しご理解をいただき、ご期待に応えられるようなブログづくりに励んでいく所存です。チャラア―ベ・晋三のようにならないよう頑張ります。皆様のお力添え何卒よろしくお願いいたします。

さて、冗談はさておき、今年のファミリー新年宴会には13人が参加。用意した料理は、ぶりの照り焼き、ローストビーフ、タコの刺身、大根のなます、数の子、身欠きにしんの昆布巻き、鮭のマリネ、きんぴらごぼう、田作り、黒豆、栗きんとん、筑前煮、紅白かまぼこ、くわい、飛び入りでサラミソーセージ、白カビサラミソーセージ、ウオッシュタイプのカマンベールチーズ。デザートはぜんざいとほうじ茶のプリン。私が担当した料理はぶりの照り焼き(24切れ)、ローストビーフ、田作りです。いずれも焼き加減、砂糖醤油の煮詰め方など多少の経験とコツが必要です。特に田作りは砂糖醤油を煮詰めて、乾煎りした田作りを入れて煮汁にからめるタイミングが非常に難しく、100%満足したことはまだありません。それでも美味しいと言ってくれたので取り合えず満足。

上の写真の純米大吟醸の獺祭、中辛口の赤ワインは完全に空きました。料理をテーブルに並べるや、宴会が始まってしまったので、料理の写真を撮る暇はありませんでした。皆さん大いに食べて、お行儀よく飲んで、楽しい新年の宴会でした。私たち仲良しファミリーの楽しい一年が始まりました。

皆様方にも、今年が良い年でありますよう、心からお祈りいたしております。



                              ―了―





by Go-in-Kyo-san | 2019-01-03 12:11 | 折にふれ | Comments(0)
f0203324_10041739.jpg
11月23日に名古屋のパロマ瑞穂ラグビー場でジャパントップリーグ2018-2019入れ替え戦、豊田自動織機シャトルズvs三菱重工相模原ダイナボアーズの試合を観戦した。お目当てはダイナボアーズの井口剛志選手。彼の試合は10年ほど前に彼が早稲田の学生だった時、同じく瑞穂ラグビー場での試合を観戦して以来。15番をつけFullbackで出場したが、前半途中で残念ながら負傷退場。けがは左肩の脱臼ということで大事には至らず一安心。試合結果は31対7でダイナボアーズが勝利し、来期は18期ぶりにトップリーグで復帰することになった。ということは井口選手の古巣である神戸製鋼と対戦することもあるということ。どんな試合をするか楽しみだ。怪我を克服し、さらに身体、技術を鍛えてトップリーグでも活躍してほしい。頑張れ剛志!




                            ―了―

by Go-in-Kyo-san | 2018-12-26 10:24 | 折にふれ | Comments(0)

5年ぶりのたくあん漬け

f0203324_16260603.jpg
先日5年ぶりにたくあんを漬けた。材料の白首大根はお米を買っている郡上市在住の林さんにお願いして畑で育てていただいたき、さらに2週間近く干しておいてもらったもの。漬物用の樽は5年も使ってなかったので隙間だらけ。数日水を張っておいて樽を湿らせて水が漏らないように準備した。調合したぬかと樽を林さんの家に持っていき、その場で樽に漬けて持ち帰り、我が家で重しを乗せた。こんなに楽をしてたくあんを漬けたのは初めて。

林さんに感謝、感謝!

正月には食べられそう。




                            ―了―




                        

by Go-in-Kyo-san | 2018-11-24 16:40 | 折にふれ | Comments(0)

巣立ち

f0203324_10432557.jpg
3月はうれしい出来事が起きる月だ。

G姪3号が高校を無事卒業し、東京外語大学に入学することになった。卒業したら国際関係の仕事したいとのこと。中学生のころからそう思っていたらしい。なかなかの頑張り屋で、スポーツは小学生のころバドミントンをはじめ、中学校ではバドミントン部がなかったので部活はバスケをやり、高校でも3年の夏の大会までバドミントンをやっていた。勉強のほうは毎日のように塾に通いコツコツと勉強していたようだ。

生後3ヶ月半くらいから3歳半くらいまで我が家で週4日預かった時期があった。その頃,私たちは細畑に住んでいて、北東の方角には田んぼが広がっていた。姪3号は散歩に連れて行ってもらうのが好きで「たんぼにいこっか」が口癖だったそうだ。また女房の膝に座って絵本を読んでもらうのも大好きだったようだ。お気に入りの本があって、書いてあることを聞いて覚えて、字は読めないのに本を読んでいた。ある日彼女が使っている部屋をのぞいてみたら、何やらむにゃむにゃ言いながら本を読んでいた。こっち気配を感じると「あっち行って」と追い払われてしまった。邪魔されずに読書に集中したかったようだ。

ある時沢山の渋柿をもらったので干し柿を作ろうということになり、大人数人で柿の皮を剥き始めたところ「私もやる」と言うことになり、ナイフを持たせるわけにはいかないので、手袋ををはめさせピーラーを持たせたら黙々と皮を剥き続け、大人が柿を全部剥き終わるまで作業を続けた。その集中力と持続力には感心した。

また、この子は駄々をこねて泣くことは一度もなかった。ただ気に入らないことがあると、まるで五体投地のように床に突っ伏して動かなくなるのだ。何か強い意志の塊を見ているように感じた。

こうやって考えてみるとこの子は小さい時から内在的な強い力を持っているたのだと思う。4月から東京で新しい生活が始まるが、もちろんそれなりの苦労はするだろうが、どう自分で自分を育てていくか楽しみだ。

頑張れよ!




                             ―了―








by Go-in-Kyo-san | 2018-03-24 11:44 | 折にふれ | Comments(0)

平成30年スタート

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今日は1月8日。怒涛のような1週間が過ぎました。元旦、2日は例年恒例のファミリー全員プラスG姪1号の友人、2日はお隣さん3名飛び入り参加の正月祝いの食事会。4日は月命日のお常飯。集まった延べ人数は19名。おせち料理は15品。全部手作り。数の子、紅白なます、紅白かまぼこ、昆布巻き、きんぴらごぼう、ローストビーフ、ぶりの照り焼き、こんにゃくの土佐煮、たこの刺身、田作り、鮭のマリネ、くわい、筑前煮、芋栗きんとん、黒豆、小豆のぜんざい、そして漬物3種類(キムチ、石狩漬け、赤かぶ)。そして差し入れの松前寿司。
飲んだお酒は日本酒が2升半、その他ワイン、ビールなど。

おせち料理の準備は28日から始まり、29日から31日までは二人ともほとんど台所に立ちっぱなし。足はむくむし、背中の筋肉はカチカチ。古希と古希プラス2の二人が頑張ったのです。ご苦労さんでした。これから一寸意識的に骨休めするつもりです。


今回忙しすぎて写真を撮る暇がありませんでした。残念!




                         ―了―



by Go-in-Kyo-san | 2018-01-08 12:02 | 折にふれ | Comments(0)

民進党にお願い!

新聞等のメディアでしか知ることはできませんが、民進党が国民のために何をやっているのか、さっぱり見えてきません。安倍政権によって日本の政治は危ういほど保守右傾化しております。国際社会に対しても安心感を与えているとは思えません。このようは危機的なときに最大野党であるべき民進党が何をやるべきか、しっかり自分たちで考えてほしい。私の願いとしては、民進党が「中道左派」を党の立ち位置として、巨大な保守右傾勢力に対するしっかりとしたCounter-Balannce,対抗勢力になって日本の政治の均衡を保ってほしいということです。

以上です。

よろしくお願いします。




                                  ―了―

by Go-in-Kyo-san | 2017-09-16 10:19 | 折にふれ | Comments(0)

長瀞

f0203324_15231419.jpg
                               長瀞

先週は忙しい週末を過ごした。

まず9月2日は横浜で姪の長女の結婚式。式場はグランドオリエンタルみなとみらい。式場が立派なのにはびっくりしたが、親族紹介から始まり、キリスト教の牧師による結婚式、記念撮影、披露宴。すべて流れるように厳かに、華やかに、時には学生時代のようなどんちゃん騒ぎがあり、まるでこの荒川の流れのようだった。
新しい生活を始めた二人に幸あれ‼

9月3日は東松山で中学時代の同級生4人と会食。内3人は女性。久しぶりの再会を楽しんだ。

9月4日は小学校4年生の遠足で行った長瀞に一人で行ってきた。長さ約800メートルの石畳を1時間かけて往復した。さすがに疲れた。

9月5日、東松山から岐阜に戻った。途中山手線の田端駅で電気系統の故障で40分くらい電車に閉じ込められた。

ようやく疲れも取れたので、久しぶりにブログを更新した。お疲れ様!




                           ―了―





by Go-in-Kyo-san | 2017-09-11 15:47 | 折にふれ | Comments(0)

2017 ぬか漬け

f0203324_09085409.jpg
梅雨入り宣言があったにもかかわらず、東海地方はこのところすがすがしい晴天が続いている。こんな時は何を食べても美味しい。我が家では5月初旬からぬか漬けを漬けている。最初のうちはきゅうりと大根ぐらいしか漬ける野菜がなかったが、最近ズッキーニやナスも朝市に出てくるようになった。また、パプリカの鮮やかな赤に魅せられてぬか漬けで漬けるようになった。この洋野菜のズッキーニとパプリカのぬか漬けが実に美味しいのだ。シャリシャリとした食感もさることながら、フルーティーな香りが爽やかで、食が進む。サラダにして食べるという手もあるだろうが、我が家ではぬか漬けで満足している。なんてったって、発酵食品だからね、微生物がいっぱい。我が家の健康のもとです。



                              ―了―

by Go-in-Kyo-san | 2017-06-13 09:26 | 折にふれ | Comments(0)

卑怯卑劣な菅官房長官

f0203324_14140140.jpg
今日の毎日新聞によると、安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人加計学園が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画を巡り、文部科学省が内閣府から「総理のご意向」などとして早期開学を促されていたことが記された文書について、文科省の前川喜平前事務次官が25日東京都内で記者会見し、「在籍中に共有していた文書で確実に存在していた」と、真正なものであると証言したとのこと。

この件に関し菅官房長官は前川氏について「地位に恋々としがみついていた」「自身が責任者の時に、そういう事実があったら堂々というべきでなかったか」「天下りの調査を調査に対し問題を隠ぺいした文科省の事務方の責任者で、本人も再就職のあっせんに直接関与していた」「当初は責任者として自らやめる意向を全く示さず、その後に世論から極めて厳しい批判などにさらされて、最終的に辞任された方だ」と強く批判したとのこと。

菅官房長官の前川氏批判は全く的外れな個人攻撃ではないか。全くの問題のすり替えではないか。菅官房長官の国民無視、「上から目線」の発言には以前から腹の中が煮えくり返っていたが、今回のこの発言にはもう我慢できない。もしそのような文書が本当に存在しないのなら、堂々と証人喚問に応じるべきではないか。森友学園の問題と言い、加計学園の問題と言い、安倍首相とその取り巻き連中の次元の低い見苦しい言動にはあきれ返る。

この件に関し、我々はもっと怒らなければならない。このブログの私の考えに賛同してくれた方にお願いがあります。ツイッターで安倍首相及びその取り巻き批判を広げてください。私はツイッターをやっていませんので、是非お願いします。



                                ―了―



by Go-in-Kyo-san | 2017-05-26 14:59 | 折にふれ | Comments(0)
f0203324_10244328.jpg
日本国憲法第99条には「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」とある。我々は安倍首相の言動を直接知ることはできないが、新聞やテレビなど報道から知る限り、安倍首相が「この憲法を尊重し擁護」しているとは到底思えない。新聞、放送など言論報道機関が今までこの点を問題にしなかったことが不思議なくらいだ。一国の首相がその国の憲法を尊重、擁護せず、立憲主義という民主主義の根本を軽視してることは、明らかに憲法に違反しており、非常に異常なことだと思う。

安倍首相のインタビュー記事が掲載された読売新聞を読む前に、5月12日発行の毎日新聞夕刊の上記の記事を読んでください。



                            ―了―

by Go-in-Kyo-san | 2017-05-13 10:56 | 折にふれ | Comments(0)